ついに発売開始!村上晴彦プロ監修 ”一誠 × DAIWA タトゥーラ HLC TW 6.3 L/R-IS”

タトゥーラ HLC 一誠 モデル キャッチアイ

スポンサーリンク




ハイサイ。

今、膝の上でお犬様がぐっすり寝ています。人間より少し基礎体温が高いらしいですね。

膝の上がめっちゃ暖かいです。そのうち暑くなって別の場所に移動するでしょう。ぶっちゃけめっちゃ可愛いです(笑)

親バカな管理人です。どーも、こんにちは。

今日はセンスが良い?カッコイイ?と思うリールの紹介です。

スポンサーリンク

一誠 DAIWA タトゥーラ HLC TW 6.3 L/R-IS

タトゥーラ HLC 一誠 モデル メイン

事の発端はSLP WORKSが開催していたドレスアップコンテストという企画に村上 晴彦プロが自身で塗装、カスタムを施して応募し、FB賞(フェイスブックでの反響が多かった)を受賞したのがきっかけでしょう。

そのカスタムモデルが、コラボモデル?専売?というのでしょうか?そんな感じで一誠から限定でリリースされますね。村上 晴彦プロ監修で。

タトゥーラの遠投向けモデルのダイワ・タトゥーラ HLC ”H=Hyper L=ロング C=Cast”はご存知ですよね。

タトゥーラ HLC 通常モデルとの違い

6.3:1のギア比

タトゥーラ HLC 一誠 モデル 文字

通常モデルはギア比7.38.1の設定しかありません。そこに6.3:1のギア比が追加という形。

マットブラック仕上げ

タトゥーラ HLC 一誠 モデル サイドカバー

タトゥーラは艶ブラックで普通感が強いですが、マットブラックに塗装が施されるだけで高級感がすごい。

文字系の色はゴールドで統一し、サイドカバーにはGreen.Clay.fish.とロゴマークの印字が施されている。

アルマイトパーツもブラック

tatula_hlc_3

ブレーキダイヤルやキャスコン、ハンドルロックプレートなどのアルマイトパーツもブラックで統一されている。

ここが良いと思う場所なんです!

ボディとこういうパーツの色が同じで非常に一体感、まとまっている感が出ていると思います。

最近はすぐ赤やら金やらカラーパーツを使い主張が激しい気がします。リールという形、素材が良い形に仕上がっているので非常にもったいなくも思い。最近のリールに対してカッコイイとは思うけれど素直に「かっこいい」とは言いにくい(笑)

ハンドルとハンドルノブ

ハンドルは90mmカーボンハンドル化 (通常モデルはアルミ90mm)にパワーライトSノブを採用。

それに加え、ハンドルノブにもボールべアリングを2個追加されてます。

このパワーライトノブは村上晴彦さんがお気に入りなんでしょうか。以前T3を使っていた時も使っていた気がします。

HLC スプールのキャストフィーリング

タトゥーラ HLC 一誠 モデル キャッチアイ

管理人は、タトゥーラを持っているので、それにHLCスプールを入れて使っています。その使用感想でも。

ジリオン HLC、旧モデルのHLCですね。それに比べはるかにマイルドになった感じですかな。

旧モデルはじゃじゃ馬、タトゥーラHLCは優等生で、両方ブレーキが効くところは効く、効かないところは効かないというメリハリがある感じがあり、タトゥーラHLCの方が効く時にしっかり効くような印象を持っています。

回転の立ち上がりも軽く滑らかで、軽めのクランクやセンコーやデスアダーのノーシンカーも投げれることは投げれます。スプールの立ち上がり方の違いは、あっこんなに違うんかってハッキリわかりました。

スプール径も違うので比較するのもおかしいですね(笑)

管理人のテキトー

管理人
このタトゥーラHLCは渋くカッコイイですね。

管理人は好きですよ。ただ通常のタトゥーラを使用しているので買いませんが。

どちらかというとジリオン TW HLCが欲しいです。年明けて本格的にバイブレーションの時期が来たら買おうかなと考えています。

ジリオン TWは持っているのでHLCスプールからですね。購入は。

via:一誠

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク