リールを買ったらまず何処からカスタム?ハンドル交換?ベアリング交換?

ベアリング キャッチアイ

スポンサーリンク




やーまんんんん。

もう残すところ数日で今年も終わり。早い企業ではもう冬期休暇でしょうか。それとも29日からでしょうか。

車を運転する時間も増えるハズです、くれぐれも事故などにはお気を付け下さい。

と言ってみる。そん管理人ですが、はいはい、どーも、こんにちは。

管理人は年末恒例行事のバーベキューをするくらいしか予定はありません。

そんな今日は、リールを買ったらまず何処からカスタムしますか。管理人はスプールベアリングです。なのでベアリングの事を少し。

スポンサーリンク

スプールベアリング

スプールベアリング

もう今やカスタムの定番ですよね。管理人もソッコー交換します。

これを狙ってでしょうか、たまたまでしょうか。昔からカスタムとして売り出してたメーカーはすごいの一言。

あとから乗っかる事はできますが、その道を開拓仕切り拓くのはすごい労力やいろいろ要されます。

ベアリングとかはノウハウ、技術の塊な感じがしてOEM生産が基本なような気もしますがね(笑)

飛距離があがる?交換したら何が良くなるの?

コレですよね。どこが良くなるのよ?って交換したけど飛距離があまり変わらなかったなどなど見かけたりもしますね。

管理人的にはキャストの弾道が低くなり狙った場所へのアプローチしやすくなったり、初速の立ち上がりが良くなったりと考えるようにしています。

飛距離に繋げてしまうと満足度は下がるし、飛距離にはいろんな要素がありそれの1つにしか過ぎないので。とっても重要なファクターなのは確かですが。

管理人が使っているベアリングは

コアーズロゴ

コアーズってところのベアリングを使ってます。たぶん聞いたことないですよね。恐らく個人でやっているローカルブランドで、今現在、稼働しているのかもわかりませんからね(笑)

昔購入した分でやりくりしています。

ZPI、IXA、ヘッジホッグスタジオ、YTフュージョン、コスギワークス、ラジコン用ベアリング、一般ベアリングメーカーなどとかなり試しました。

その中でもベアリング自体のコストとパフォーマンスのバランスがとっても優れていて、今じゃフィネス用やビックベイト用で設計されたベアリングオイルは当たり前ですが、当時から複数ラインナップされて、グリスもドラグ、ギアなど数種類のラインナップがあり、ケミカル類にも力を入れられていたのでずっと愛用しています。

管理人のテキトー

管理人
コスト、値段もかなり重要ですよね。リールは本体価格に対してのカスタム費がが高い。

このコアーズのベアリングは、ベアリングのボールにセラミックを使い、それでいた価格もリール1台分のスプールベアリングが2,000円切るくらいなんですよ。

そして性能も良いと来たら使いますよね。

結論、どんなベアリングでも本人が気持ちよく使えたら、それでオッケー(笑)

今日もテキトーなブログですが、それでは。また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク