ダイワ 17セオリー2506が着弾!開封レビューと管理人的インプレをしてみる!

ダイワ 17セオリー2506 キャッチアイ

スポンサーリンク




はいさい。

iPhoneって便利な動画制作アプリあるんですね。
先週のドラツーで撮った写真や映像を簡単にまとめて1つの動画へとしてくれる。便利な世の中(笑)

と思いつつも、自分でそのアプリ位のクオリティの動画が作れたらと思ったけどなかなができないですよね。餅は餅屋的な。

まーのんびり動画編集も覚えます。
編集、エンコードなどその辺は一通り揃っているので。

そんな感じな管理人ですが、はいはい。どーも、こんにちは。

今日は、例のブツが到着したので開封でもしていきますわ。

ダイワ 17セオリーはいったい何円で買えるのか?ネット通販で購入!実質2万円は切れたのか?どうなのか?

2017.02.12

スポンサーリンク

ダイワ 17セオリー 2506 が着弾からの開封レビュー

ダイワ 17セオリー2506 イメージ

管理人も含め各所ブログで様々なことが書かれていますので
ウダウダ能書きを垂れるのは割愛します。

管理人の過去記事や他ブログで見てください(笑)

ここからは写真を交え見ていきましょう。

ディテールとファーストインプレッション

スプール

ダイワ 17セオリー2506 スプール

2506スプールのラインキャパは

  • ナイロン/5lb – 140m
  • ナイロン/6lb – 100m
  • PE/0.8号 – 130m
  • PE/1号 – 100m

 

ダイワ 17セオリー2506 スプール重さ

自宅計測では約32グラム。
アルミ素材でできたスプールのドラグクリック音の響き方が特に良い。

エアローター

ダイワ 17セオリー2506 エアローター

ココはさり気なくザイオンの素材感が出でますね。複雑に作り込まれている感じがします。

このエアローターにも多くのノウハウが詰め込めれているのでしょう。
回転する物は精度も重要でしょうしね。

ベールアーム

ダイワ 17セオリー2506 ベールアーム

ダイワのここの太さが太いと思う方も多いかな。ダイワはエアベールと言い中空なんですね。このアームは。

そして昔からあまり変化が見てとれないベールアームとラインローラーの継ぎ目。イグジストやシマノみたいな継ぎ目の無い一体式の方が断然かっこいい。

ダイワ 17セオリー2506 ラインローラー

ちなみにラインローラーのベアリングは1つ。

ハンドル/ハンドルノブ

ダイワ 17セオリー2506 ハンドル ハンドルノブ

ハンドルは折りたたみではなく、一体式50ミリのマシンカットハンドル。

イグジストからかノブの形状も一新されましたね。2506にはI型のノブが付いています。

ボディ

ダイワ 17セオリー2506 ボディ

ボディのネジがどのモデルからか、ヘキサゴン?キャップボルト?からトルクス系のネジに変わってますね。
また、エンジンプレートを止めるネジも無くなっています。

ダイワ 17セオリー2506 リールシート

そして、ボディからリールシートにかけてのフレームワークとでもいうのでしょうか?
ココが管理人的にはセクシーでカッコいい。

リールシート

ダイワ 17セオリー2506 リールシート

MADE in CHINA
やっぱり国外生産です。そうですよね。

費用云々格段に安いからこの売価が成り立つのですもんね。

重量

カタログ表記は2506/2506Hは185グラムでしたが
自宅計測は約184グラム。

まー誤差の範囲ではないでしょうか。
このサイズで200グラムをゆうに切っているのはスゴイですよ。軽すぎます(笑)

全体

ダイワ 17セオリー2506 全体

全体はいい感じにまとまってカッコいい。イグジストを彷彿とさせますね。
ガンメタをメインにプレートなどのアルマイトパーツはシルバーとゴールドが大人な高級感を醸し出す。

ダイワ 17セオリー2506 下 イグニス2506 下

このスプール〜ローター〜ボディの隙間がガラガラで軽量化の為か、各パーツかなり追い込んで作ってある印象があります。落としたら壊れちゃいそうで若干ビビり気味だったりもする(笑)

古いイグニス2506を使っているのでこのガラガラ感が違和感でありながらも新鮮。

巻いた感じのファーストインプレッションは

価格に対しては良いものはあると感じます。

実際にラインを通し使い込んで馴染んできたらもう少し軽くいいフィーリングになると思います。
また、勢い良く回すとローターに振られる感じも少なく軽くなったんだなと実感しました。

いくら軽くなっても何かしらマグシールド感というのか
マグシールドが付いてからの巻いた感じは残っていような感じはします。

管理人のテキトー

管理人
セオリーの売りである軽さ。ボディのみならずリーリングにもそれはあるように感じた。
兎にも角にも軽さでのアドバンテージは大きい。

格好良さ、性能、軽さ、コスト含むめて良いリールのの仲間に入るハズ。そんなリールだと思う。

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク