「ヨコザワの蓋」を作って、即座に使ってみた結果。

ヨコザワの蓋 キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

最近、炭水化物を取りすぎて、体重が戻ってきたかなっと思っていたら、現状維持。むしろ減り方向な感じでニンマリしてしまった管理人です(笑)

このツケが後から来るとかはないですよね?

そんな今日は、またヨコザワネタです。それくらいハマっています。

ヨコザワテッパン+釣り=最高の休日!休日にこのテッパンは必要だ!

2017.06.19

「ヨコザワテッパン」肉が美味しく焼ける不思議な小さい鉄板!

2017.06.05

スポンサーリンク

ヨコザワの蓋

テッパン歴がまだまだ短い管理人は、はじめてヨコザワテッパンを使った時、牛肉と鶏肉も焼きました。

肉系にはしっかり火を通したいタイプなんですが、鶏肉を焼いている最中、外は良い感じなのに中がまだ微妙だな。という場面が。その時に蓋があったらと思いました。

ボール+鍋蓋ノブで構想を考えていたら、超参考になる動画が投下されました。
しかもボールではなくバット。しかもテッパンにベストサイズときたら作るしかないですよね。

準備物、写真云々

準備物

  • ノブ
  • 普通に売られているボールかバット
  • ドリル

テキトーに似たやつを買ったら、恐らく動画と同じものだったと(笑)

ドリルは鍋のノブを付ける為に穴を開けるのに使います。穴が開いたらノブを取り付けるのは超絶簡単。

ノブを木で作ったりオリジナリティを出すのも良いですね。ヨコザワの蓋選手権とかあったら笑えそう(笑)

写真

本体のバット
バット 穴なし

普通な深めのバット。こんな深いバットも業務用ではなくホームセンターで売っているんですね。

ノブを取り付ける穴
バット 穴あけ

ノブの取り付け穴が6ミリだったので、6ミリで貫通。薄いのですぐに開きます。

ノブ
ノブ

ホームセンターで売っていた数百円のノブ。

バット+ノブ

取り付けてみた感じ。いい感じにセンターが出てくれて不恰好にはならなく安心。

バット+ノブ 横から
ノブ 上から
内側
裏から

作ったら使う

ヨコザワの蓋 使用

作ったらソッコー使う。コレ鉄則(笑)

という事で3週連続のヨコサワテッパン。今回は1人様で鶏肉を少し焼いてみた。

側はステンレスなので熱くなりますが、ノブはまったく熱くならないので問題なし。溶ける感じもしない。ですが、縁が油でベトベトになります(笑)当たり前で仕方ないですが(笑)

問題の焼き加減は

鶏肉 鶏肉

「めっちゃ良い」外はパリッと、中はふんわり管理人好みに仕上がりました。

味付けは、塩コショウで。

焼いている最中に蓋の中で響く音がめちゃ食欲をそそります。この音にも魔力がありそうな感じがしました。

管理人のテキトー

管理人

密閉性は落ちるが、折り畳み蓋作ったら売れるぞコレ。

それではまた。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク