「マグナムギルソニック」高浮力?琵琶湖仕様のバイブーションがイマカツから現る!

マグナムギルソニック キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

管理人(@BBxFishing)です。

だいぶ秋めいて涼しくなりだして、デカバスシーズンの冬も迫ってきていますが冬支度などはしていますか?管理人は全くしていません。今はエギングに夢中です(笑)

ちなみに冬の釣りと言えば、ビックベイト、スコーン、メタル、ジグヘッド、バイブレーション。どれもレンジキープやルアーコントロールがシビアになってくる中、その中でも扱い易くでかバス率が高いのがバイブレーションですね。

そこで、これから春にかけてイケイケになりそうなバイブレーションが販売されたので、今回はそれについて書いていきましょう。

スポンサーリンク

マグナムギルソニック

マグナムギルソニック

琵琶湖のウィードエリアやフラットボトムを攻略する為に生まれたフローティングバイブレーション言っても過言はないでしょうか?このマグナムギルソニック

琵琶湖で毎年圧倒的な釣果を叩き出している釣れるバイブレーションと言えば、ジャッカルのTN70と一誠のザリバイブ辺りでしょうかね。管理人はノリーズのラトリンジェッターもいいと思うが。

それと比較をしても重量長さ体高、どれを比べても圧倒的な大きさを誇り、どれも規格外(笑)

さすが、あっと驚くネタ、機構を引っさげてくるイマカツさんですわ。フローティングバイブレーションか。

マグナムギルソニックのスペック、特徴云々

スペック、特徴云々

スペック

  • サイズ:105ミリ
  • 重量:1.2オンスクラス(33.6グラム)
  • タイプ:ハイフローティング
  • 価格:2,200円(税抜)

TN70で18~20グラム位、ザリバイブで20グラム位という事で33.6グラムは圧倒的なルアー重量ですね。ロッドパワーがXHとかが使い易いでしょうか。

ビックベイトやスイムベイトとローテーションを組むと相性がよさそう。

特徴

ハイフロート

従来のバイブレーションと言えばシンキングですが、このマグナムギルソニックはハイフロート、浮力があると言う事が最大の特徴。

この浮力があると言う事は、ウィードトップを引いてきて、その場でルアーを止めてもウィードにスタックする事がなく、今までのバイブレーションができなかった事が可能になるのと、レンジキープが安定するのではとか思う。

ダブルアイ

最近流行っているのかな?

1つのルアーにアイを何個か付けて、ルアーのカバーできるレンジ、泳層に幅広さを持たせ、尚且つアクションも微妙に違うように味を持したりと。

見た目は、お世辞にもカッコいいと言えませんが、持って行くルアーを少なくできるし、何かと便利な機構とは思っている。

1.2オンスがもたらす飛距離

この1.2オンス、大体33.6グラムがもたらす飛距離が見もの。

ルアーフォルム空気抵抗なども考えられているようで、その飛距離はTNトリゴン並みなのか。それ以上なのか。

いやね、琵琶湖、初春の浜大津の風物詩であるメタル、バイブレーションの大遠投。いやーワクワクします。似たようなアクションのルアーの中に違うルアー来るとバスもまた違う反応をするし、釣れる要素の一つになるかもしれません。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

管理人的なピックアップポイントはこのくらいですかね。

誰よりも沖にルアーを投げ込み、ルアーの特徴のハイフロート生かし、枯れたウィードや新芽をタイトに探ってくる。そして時には浅いレンジ、時には深いレンジと使い分けてサーチ的な意味合いでもも使えそうな。

んー物欲センサーがやばい(笑)

てか、このバイブレーションってまんまギルですよね。3Dリアリズムとフォルムが相まってやばい仕上がり。

3Dリアリズムは卑怯(笑)

管理人のテキトー

管理人

エギングばかり行っていますが、バス用品の新製品のチェックは欠かしていませんからね。

それでは、また。


via:IMAKATSU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク