春のクランキングは有効ですが、秋のクランキングはアリ?ナシ?どっちなの?

クランク キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

管理人(@BBxFishing)です。

秋の巻き物ですが、皆さん楽しんでいますか?

巻き物の秋という事で以前、チャターベイトを紹介してみましたが、少しはチャターに興味湧いたりしましたか?とても拙い文章で申し訳ないですがね・・・

巻物の秋にに最適な「チャターベイト」!それを使うに時にはどんな事を意識する?!

2017.09.03

今回はそれに続き、巻き物代表各でもあるクランクについても書いてみようかなんて思ったりしたので、なんとなーく思いつく事を書いてみます(笑)

スポンサーリンク

秋の(割りかし)シャロークランキング

クランク イメージ クランク時期ってやっぱりでしょうか?
甲殻類系のベイトとスポーニングを意識して水温上昇と共にシャローエリアに上がってくるバスを狙って的な。

この印象が強いので初春言いがちですが、広範囲に広がり、魚の居場所を掴みにく秋にもクランキングは、特にシャローエリアとかアリなんではないかと管理人は思ったりします。

それよりクランクが好きだから成立させたいってのが強かったりねー(笑)

秋に使うメリット

クランク リップ

手返しの良さ

やっぱりクランクも一言目にくるのは手返しではないでしょうか?

秋は春よりバスが様々な場所にいるので、その居場所効率よく見つけられる事で釣果に大きなが出ます。

特にシャロークランクはリップも短いのでキャスタビリティに優れ広範囲に探る事が可能。

レンジコントロールとハニースポット

チャターより破綻しにくいアクション、リップによりルアーが潜る最大深度が決められており、それ以上は潜る事はなく、逆に浮くのでルアーが泳いでいるレンジ感覚掴みやすいです。やっぱり巻き物のレンジキープなので。

最大深度が決められているので、ルアーを狙いたいレンジ別をローテションしてやるだけでの機械的なレンジコントールも1つの方法ですね。

また、スクエアリップやカバーに強いクランクも多いので、レイダウンや少しややこしいポイントでも強気にバスの目の前というハニースポットや捕食エリアに送り込めやすいのも大きなメリットにもなりうります。

ロッドセレクトとリトリーブのコツ

ロッドセレクト

この項目は、クランクというより巻き物共通するんですが、自分が思っているより気持ち柔らかめロッドを選ぶ事と、自分タックルルアー一直線になるようにリトリーブしてくるのが少しのコツかと。

ロッドは食い込み重視云々もそうですが、ロッドでもアクション変わり、柔らかいロッドの方が硬いロッドに比べてクランクがより自然なアクションを出してくれている感じがします(管理人の感覚ですが)

それと同様で、リトリーブでもルアーナチュラルアクションを演出するためです。
やっぱり穂先を介したり何か抵抗となる事を加えると、ルアーのポテンシャルが発揮されにくいと思います。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

秋の(割りかし)シャロークランキングメリットロッドセレクトリトリーブのちょっとしたコツを偉っそうに書いてみましたが、全てを意識せずとも少し気に留めるだけでガラリと釣り変わると思います。

何かの参考になればと(笑)

ちなみに事故的な釣れ方でしたが、クランクでの初フィッシュはスピニングでクランクを使っていた小学生時代でした。

管理人のテキトー

管理人

様々なクランクの種類がある中でシャロークランクが1番好きかな。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク