俺達。が誇る「ダウズビドー」!ベストな季節はいつ?意識するコツは?

ダウズビドーキャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

どーも管理人(@BBxFishing)です。

つい先日ですか。
明日開幕するバサクラ2017でも解説を務めている秦拓馬プロの情報発信源の1つでもあるツイッターでこのようなツイートを目撃しました。

ダウズビドーがジャッカルルアー取扱店に入荷が近いと。

これからの季節だんだんと有効になるので、ハッキリ言って1つくらいはタックルボックスに必須なルアーだと思っています。

っという事で、今日は入荷が近いであろうダウズビドーに触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

ジャッカル ダウズビドー

だれもが知る秦拓馬プロが監修した、琵琶湖のみならず淀川霞ヶ浦各地方メジャーフィールドローカルフィールド問わず只ならぬ釣果叩き出す激釣れルアー。

ジャンルロングビルミノーになるのでしょうか。
ロングビルミノーと聞くと少しマニアックな様に聞こえ、ポンプリトリーブなどを駆使して釣り上げる、少しアクション難しい印象を持ってしまいますが、実際、このダウズビドーもその様なテクニックを駆使して使うのもありですが、至極シンプル扱い方でも良く釣れます

まーダウズビドーは使っていない人の方が少ないでしょうかね?(笑)

スペック、アクション方法云々

スペック

  • サイズ:90mm
  • 重量:10.7グラム
  • フックサイズ: #7(がまかつ RB-M)
  • タイプ:サスペンド
  • 価格:1,700円

10.7グラムとそこまで重量がある訳ではありませんが、ベイトタックルでもカッ飛びます。
実際に無理やりローテションに打ち込みたいときはビックベイトを投げれるようなロッドでも使う時も。

そしてこのフック、がまかつのRB-M #7にも秘訣があるようで、よく釣れるフックらしいです。これについても動画かなんかで話ていた気がするので各自で見漁って下さい(笑)

アクション方法

動画でもある様にシンプルなアクションの付け方ですよね。やはりルアーのバランスなどが煮詰められているからでしょうか。知りませが(笑)

管理人はロッドでジャークするのが得意ではないので、所謂タダ巻き高速リトリーブからのストップリーリングジャークの3つを気分で使い分けています。

季節

ダウズビドー イメージ

季節は春、秋、冬ですかね。夏はウィードが多くなければオッケー。

管理人的には春先は勿論ですが、季節というより、どちらかというとベイトフィッシュ意識している時に使います
爆風でベイトが岸に押し寄せられている時や増水で川から河口付近に流されて岸際をフラフラしている時などとそういう魚を一段下から狙ってるバスにアプローチしたい時などですかね。だいたい。

少しのコツ

チェックポイント

管理人的にコツというか意識する事ライン太さ

ハイスピードリーリングからのストップした時にラインが太い比重があるのでビドーっと止まらず少し動く感じがするので極力メーカー推奨スペックで使いたい感じです。

とかいいつつ講釈を垂れてみましたが、ダウズビドーをメインとする時は少なくローテションの1つとして使うので時としてナイロン20lbとかでも使いますがね(笑)

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

秦さんのダウズビドーについてのツイートに影響されてダウズビドーの管理人なアクション方法や時期、少しのコツなどを紹介してみました。

そこには書いていませんがシャローな河口付近のロックエリアを的な場所でボトムを叩きながリトリーブも結構アリだと感じていたりもします。

機会があればそんな方法もお試しあれ。

管理人のテキトー

管理人

半年に一回くらいの生産、入荷なのかな?知りませんが。

人気ルアーなので欲しいは人は、お買い逃しなくね。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク