「クローワーム」がブームなの?それなら有効なクロー・ホグ系ワームを厳選してみる!

スポンサーリンク




はい。やまん。

どーも管理人(@BBxFishing)です。

タイトルの通り最近クロー・ホグ系ワームがブームなんですか?

ディスタイルのウイニンクローだったり、OSPのドライブビーバーだったり、少し使い方が異なりますがジャッカルのファイボスだったりとクローを意識したフォルムの新商品が多く感じます。

どれもすごく気になるんですが、どれか買った方はみえますか?管理人は家のワームのストックが多いので我慢するつもりです。

っと、そんなこんなで最近クロー・ホグ系のワームが目につくいうという事で、今回は管理人が選ぶクロー系ワームをいくつか紹介します。

スポンサーリンク

クロー・ホグ系ワーム

クローワーム イメージ

クロー・ホグ系ワームは、管理人的ですが甲殻類、主にザリガニのフォルムをしているワームだと認識しています。

ラバージグのトレーラーやテキサスなど打ち物のワームに用いられることが多いですが、管理人はヘビキャロで使う事が多く、飛距離は落ちますがフォールスピードやワームが複雑なので、ステイしていても水中の水の動きでナチュラルにアピールしてくれている事に期待して使っています。

とそんな感じなんですが、ここではジグ、テキサスに使えそうなクロー系ワームをピックアップ。使おうと思えばもちろんヘビキャロでもオッケー。

厳選クロー、ホグ系ワーム 5選

一誠 ビビビバグ

これは管理人の中でどんなリグで使うにもキング的な存在。

ジグやパンチングには4インチを用います。このワームは、触手や手などパーツが多数付いています。そのパーツをちぎったりする事でフォールスピードをコントロールできたり、マットの中へ入りやすくできたりできるのでビビビバグ1つでさまざまな使い方があるので非常に便利。

ジャッカル チャンクロー

チャンクローは管理人的にテキサスのズル引きで使う事が多いです。

ズル引きのスピードは割りかし早めで特徴的な手を動かしたいので、動かす時はボトムを切って15センチ移動させ止めるの繰り返しかな。

ノリーズ エスケープツイン

このワームは最近流行ってますが、昔からティファ時代からあったワームですよね?

そうなんですが、なぜか伊藤巧プロのイメージがありますね。

何かの釣り番組でコレを沖のブレイク付近でベイトフィッシュに見立てて使っているのを見て、真似してみたら良い感じだったので1つの引き出しにさしてもらいました。もちろんラバージグのトレーラーとしてもベストなワーム。

ZBC ズーム ブラッシュホッグ

洋物ワーム。わりかし洋物に偏見というかあまり良いイメージを持ってない方がいたりしますが、案外いいもんですよ。

このズーム ブラッシュホッグは小学生時代からジグ、テキサス、キャロなどに使っています。手の上を切り離してバンザイにして使うのがポイント。

ディスタイル ウイニンクロー

これは期待値から。2015年から2年という歳月を掛けて完成。そしてリリース。

ディスタイルの青木プロといえば今シーズンのJB TOP50ぶっちぎっていますね。そしてバサーオールスタークラシックでもこのウイニングクローで良いバスをゲットしています。

この結果を見たらこのワームのポテンシャルがわかりますよね。間違い無い。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回はラバージグ、テキサスでの使用という事で5つのクロー、ホグ系ワームをチョイスしてみました。

ぶっちゃけラバージグ、テキサスだけではなく直リグやダウンショットなどでも使えます(笑)

むしろワームの使い方ないて人次第で無限大なので思ったリグで泳がしてみるのも良いでしょうね。

管理人のテキトー

管理人

おっとバルビュータを入れるのを忘れたぜっ(笑)

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク