寒い冬に爆発的な釣果を叩き出せ!「ミドスト」に最適なストレートワーム5選

ミドスト キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

どーも、管理人(@BBxFishing)です。

だいぶ冷え込みが強くなってきましたが、冬の防寒対策の準備は大丈夫ですか。

管理人は、ほとんど昨年と同様の防寒対策でこの冬に臨みます。

足元の寒さ対策は万全!キーン・ウインタポートⅡを購入したのでレビューしてみる!

2016.11.17

使い捨てカイロより10数倍暖かい!?冬の寒さ対策にハクキンカイロ/ハンディウォーマー

2016.11.12

そして、もうすぐ冬という事で、冬に効くメゾットを紹介したいと思います。極めたらすごい釣果を出せる可能性がありますよ。

スポンサーリンク

琵琶湖の冬といえばミドスト

ミドスト イメージ ミッドストローリング通称ミドストって言葉を釣りをしていたら一度は耳にした事はあると思いますが、皆さん知っていますか?

簡単に説明すると、スピニングタックルと軽いジグヘッドを使用して、ロッドシェイク+リーリングでワームをロールさせながら中層スイミングさせるアクション。

誰もが使う釣法ではありませんが、トーナメンターやメインフィールドにディープゾーンがある方がよく使う釣法の1つです。

そして、琵琶湖攻略する上で、ビックベイトスコーンに並ぶ釣果を誇る釣法。時によりそれ以上の釣果を叩き出す。

ちなみに名古屋釣法とも呼ばれ、主に琵琶湖の湖北用いられる釣法で、雪が降る中でもこの技でデカバス連発させる猛者も存在します。

ミドストに最適なワーム 5選

スタッド(ギャンブラー シグナル)

古くからミドスト用のワームして使われている方も多く知る人ぞ知るコアなワーム。

デスアダー(デプス)

琵琶湖では定番。北湖に限らず南湖でも使用している人は多い。ジグヘッドに良し、ノーシンカーに良し、スコーンのトレーラーにも良しとさまざまなリグにもってこいのマルチプレーヤー。

ドライブスティック スペック2 ノンソルト(O.S.P.)

これも琵琶湖では定番かな。デスアダーとの双璧をなすド定番。通常版、スペック2、スペック2ノンソルトと3種類ありますが、一番ジグヘッドと相性がいいのがスペック2ノンソルト。

シャッドインパクト(ケイテック)

これは好みが分かれますね。アクションやフレーバーなどはいい感じですが、ワーム自体が柔らかく軽いのでどうしても飛距離が落ちる。

スーパースティック(一誠)

リリースされて数年と間もないので、まだ馴染みがないが、冬、琵琶湖、湖北でこれも定番となりつつある存在。

釣れるけど難しいのがミドスト

ミドストは難しい

そんなに釣れるんだったら、なぜ流行らないの?

っと思うかもしれませんが、このミドストを習得するのはそう簡単ではないんですよ。

ロッド、リール、ラインのタックルバランス、ワームを真っ直ぐ挿す方法などと気を配ることが多いのに加え、レンジキープやワームをロールさせるアクションが難しいのです。

ただ使えるようになれば、季節問わず、春夏秋冬、魚を触れる釣り人なれる。そして綺麗泳がせる事ができればできる程、デカバス食ってくる確率が上がる技。

まぁ、ポイント見極める力必要ですが。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回はミドストとそのワームを厳選してみました。

デカバスだけではなくワームサイズで釣れるサイズも変わるし、琵琶湖のみならず各フィールド有効的な技なので、挑戦してみるのは良いかもしれませんね。

技術は持っていても損はありません。使わないと意味もないですが(笑)

管理人のテキトー

管理人

以外にワームをジグヘッドに真っ直ぐ挿すのが難しい(笑)

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク