【パワーフィネス】は取り入れるべきメゾットなのか?オレ的まとめ!

パワーフィネス キャッチアイ

スポンサーリンク




ハイ。やまん。

どーも、管理人(@BBxFishing)です。

皆さん、PEラインで釣りをしたことはありますか?

カバー撃ちでも、トップでも、何でもいいですが。使ったらわかると思いますがあのPEラインのダイレクト感はたまらない物がありますよね。

そして、ここ数年のバスフィッシングにおいて、スピニングタックルとPEラインを用いた釣りが、PF=パワーフィネスと呼ばれ常識となりつつあります。雑誌でも特集が組まれるくらいのカテゴリーとまで来てます。

その雑誌とは少し前のルアマガの2017年6月号になるんですが、読んでいたら管理人がPEラインを用いてやっているとはまた違い、いろいろとPF=パワーフィネスが気になってきたので、管理人的にタックル狙いついてまとめてみようかなと思います。

スポンサーリンク

「PE=パワーフィネス」はやらなきゃ損する?

スピニングタックルでPEラインを使用するメリットはいろいろあると思いますが、管理人的には強度を活かしたカバー撃ち飛距離を活かした沖のブレイク狙い2つに分かれると考えます。ちなみに管理人は後者の理由でPEラインを使用する。

今主流なのは前者のパワーフィネススピニングタックル+PEの強度操作性を利用して積極的にカバーにライトなワームを送り込みデカバスをを狙う釣りですが、今までのスピニングタックルのイメージでは、矛盾している釣りではないと?っという話もあります。

実際は使用するワームの意味では波動や大きさは弱い、ライトで強くはありませんが、タックルはそれ専用の強いロッドもありますし、リールのドラグパワーも5キロ以上かかるリールも存在しますので、PF=パワーフィネス弱いけど強い釣りです。

狙う場所とタックル

狙う場所

アシやブッシュ、水生植物で形成されたカバー。

コレを返せばテトラや固いコンクリートでできた固いカバー適しません

固いカバーはPEラインにとって泣き所でもあり、引っ張り強度的には強いPEラインですが点にかかる力や、一瞬の力、固く表面がざらざらしたモノとの擦れには弱く簡単に切れる方向性にあります。

逆にライン表面がざらざらしておらず柔らかい物にはかなり強いです。

参考タックル

伊藤巧さん使用ロッド
山田裕五さん使用ロッド
奥田学さん使用ロッド

リール

ヘビータックルでは扱えないワームで誘う

ライトカバー

軽いリグ、ワームを扱えるというのが、スピニングタックル全体に言えるメリットで。

今までのヘビータックルで重いリグでカバーを打つのではなく、このパワーフィネスではスピニングタックルのメリット、重すぎずカバーに入る最低限の重さで、フィネスのライト・弱い波動を最大限生かしてカバーの奥の奥にいる、それにしか反応しないバスを狙う。

そして、ここぞのポイントでしっかりとバスをキャッチする為にパワーフィネスで自分の切り札となるワームを見つけておこう。ワームはは山ほど存在するのでね。

ちなみに、管理人がパワーフィネスでワームは、ネコリグはスワンプクローラ、ライトテキサスはビビビバグが多いですね。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

ルアマガのパワーフィネス特集を参考に管理人的にまとめてみました。この記事はかなり惹かれました。個人的には伊藤巧さんと山田裕五さんかな。

伊藤巧さんはオカッパリからのイメージがありますが、艇王2017奥田学さんがボートからパワーフィネスを用いてボコボコ釣っていたのが記憶に新しいですね。

「艇王 2017 」北 大祐プロ 対 奥田 学プロが琵琶湖を舞台に熱戦を繰り広げる!

2017.05.18

陸っぱりはもちろん、ボートからもできる技であり、関東・関西、偏りなく全国で通用するのでこの記事を読んで気が向いた方は是非挑戦を。

管理人のテキトー

管理人

そーいや友達もパワーフィネス用のロッド買ったって言っていたな。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク