PEのリーダーを使い分ける事で、釣果に差が出る!?その違いを感じたので簡単にまとめてみる!

リーダー キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

どーも、管理人(@BBxFishing)です。

先日、エギングに行った際(結果としてはボウズ・・・)、PEのラインセッティング、リーダーの太さとメーカー変更をしてタックルを組み気合いを入れて釣行に臨みました。

・・・臨んだのはイイですが、

いつもは根掛かりしない場所で根掛かりしたり、少し悩まされる部分が多かった。何が原因かも考えたりしましたが、なんとなーくコレかな?と思う程度で、全体的にピンと来ていません(笑)

という事で、それらリーダーの違いなどを書き留めたメモ的なまとめになります。

バス釣りでもこれがそうなら、使い分ける事釣果を伸ばすきっかけにもなるのでPEラインのセッティングで悩んでいる方は最後までどうぞ。

それでイッてみましょーか。

スポンサーリンク

PEラインとリーダーとメーカー変更

リーダー 変更 イメージ

訳あってとかでPEシステムのリーダーを変更したわけではなく、単なる気まぐれでしかありませんが、知り合いがバス釣りで、「PEを使う際にこのリーダーがオススメだよ」って言っていたのを思い出し、バス釣りも、エギングも、アジングも、どの釣りも、リーダークレハシーガー系を使っていましたが、今回はそのオススメであったサンライン松田SP系にリーダーを組み替えてエギングで使ってみました。

使ってみた感じ的に、このリーダーはバス釣りの方が、合っているんじゃないかと感じ、PEの太さやリーダーの長さ、様々な要素があるので人それぞれだと思いますが管理人にはそう思いました。

その理由とリーダーの使い分け

バス釣りに向く理由

比重なのか、製法なのか、水中でラインが倒れやすい方向性にあり、ボトムに馴染みやすいリーダーなのかなと感じ、ボトムにラインを馴染ませてラインの存在感を少なくしたりもするバス釣りにおいては有効な気がしたのが理由ですね。

リーダーの使い分け

サンライン・松田スペシャル
バス釣りキャロリーダーPEスピニングのワームでの使用がいいのかも。

ラインの伸びる感じや根ズレの強さ、しなやかさはバッチリ。

ノットを閉め込み過ぎたり、ノット終わりにハーフヒッチで強度を増そうとすると切れやすいので注意。

クレハ シーガー

エギングやどちらかというとルアーを跳ね上げたい釣りに向いているのかも。

全体的に強さがあり、PEを使いだしてからずっと使っているの好みですが巻きグセも強い。

ラインの存在感はどこまで影響する

リーダーの影響

そもそも魚はラインの存在感は気になるのでしょうか。そんなのは魚に聞けってね(笑)

よくブルーギルや好奇心が旺盛な魚は、ラインにちょっかい出してくるので、どれだけ細く繊細なラインを使っても魚には見えている感じているのでしょう。

そして、そのラインという存在ボトムに馴染ますことだったり、その存在よりも、その先についているルアーの存在の方を大きくしてやることで、カモフラージュする、小さくすることは可能。絶対に消す事はできませんが、気を配る、少なくしてあげる事で釣果に影響はあるんじゃないかなと、管理人は考えますね。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

まぁ今回もいつも以上にまとまりはありませんが、、、リーダーの使い分けや、シーガー系、松田スペシャル系の簡単な良い点、微妙な点などを書いてみました。

PEのリーダーだけではなく、スピニングベイトのラインにも同じ事は言えるので、少し気にしてみてはどうでしょうか。ほんの少しの違い、感じとれない違いかもしれませんが、釣果に繋がる可能性だってあいハズなので。

そのボトムに馴染むからなのか、バイブレーションをキャスト後、しばらく放置してから、巻いてくると良く釣れるんですよね。ラインの存在感なのか、レンジキープなのか分かりませんがね。根掛かりに怯えず放置してみて下さい(笑)

管理人のテキトー

管理人

水中に潜って検証してみますか(笑)

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク