【スーパーシャトル】DRT/ディヴィジョンのシャトルがより中層スイミングに強くなって登場!

スーパーシャトル キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。やまん。

どーも、管理人(@BBxFishing)です。

12月にも入り、豪雪地帯では雪なんぞも降り始めて冬到来って感じですが、水中はまだ若干、秋を引きずって気難しいポイントも多いと思います。

もう少し季節が進めば、デットスローやスイムジグのシーズンインで、そのシーズンインに合わせたかのごとく、琵琶湖では定番のスイムジグモデルチェンジ、リニューアルされたのでそれを紹介しようかと。

寒い時期でも釣り人が多い琵琶湖だから目立ってはおりますが、地方のローカルフィールドでも使っている人は釣果を残していますので、気になる方は最後まで目を通してもらえたら幸いです。

それでは、イッちゃいますか。

スポンサーリンク

DRT/ディヴィジョン スーパーシャトル

DRT スーパーシャトル イメージ

このブログでも話題にさせてもらっているディヴィジョンさん。

「DRT・ジョーカー」リリース間もないのにすでに釣果が出ている!これから熱くなるシーズンに向けて!

2017.04.29

DRT(ディヴィジョン)「TiNY KLASH/タイニークラッシュ」ヨタ巻き!今、コレでの釣果がヤバイ!デカすぎる!

2017.01.09

そのDRT/ディビジョンのスイムジグ・シャトルが「スーパーシャトル」として生まれ変わりました。

冬の時期から爆発的なビッグフィッシュを叩き出すシャトルは、中層をスローリトリーブでスイミングさせる事を追及されており、最大の特徴は、浮き上がり易いヘッド形状にあります。

このヘッド形状は他に類を見ない形状であり、今回リニューアルした「スーパーシャトル」は、そのヘッド形状や素材が見直され、モデルによってはシャトルよりスローに中層をスイミング(3/8モデル)できたり、スイミング時の安定感(1/4モデル)を求めた各仕様へとなっているようです。

そして価格の方もプライスダウンされ、より手に取りやすくなりました。価格的には手に取り易くても、人気がある過ぎるので購入は結構難しいですが(笑)

シャトルとスーパーシャトルの比較と釣果

比較、ディテール

スーパーシャトルとスイングインパクト ファット
DRT スーパーシャトル 1 DRT スーパーシャトル 2 DRT スーパーシャトル 3 DRT スーパーシャトル 4 DRT スーパーシャトル 5

とりあえず家に有ったスイングインパクトを付けましたが、このスーパーシャトルのカラーにはプロブルーなど薄いカラーの方が似合いますね(笑)

比較
DRT スーパーシャトルとシャトル 比較1 黒ヘッドスーパーシャトル、シルバーのヘッドがシャトル。両方1/4(7グラム)オンスモデル。

明らかに黒ヘッドのスーパーシャトルの方がコンパクトになっています。

DRT スーパーシャトルとシャトル 比較2 DRT スーパーシャトルとシャトル 比較3 DRT スーパーシャトルとシャトル 比較4

ラバーの量もスーパーシャトルの方が多く、長さも長く思います。この量ならカットなどしてチューニングするのも面白そうな感じですね。

釣果





 

今回のスーパーシャトルへと進化を経て

何があってこの仕様変更へ至ったか分かりませんが、動画での言葉があるように、今回の変更でよりスローに中層を攻略しやすくなったのは確実

その副産物としてボトムタッチへの感度も向上。そしてワームキーパー用のアイの強度も上がり、TGグレネードシンカーやぶら下げるタイプのシンカーを取り付けても、壊れにくくなったりと、メリットは多そうですね。

今までのような中層での使用はもちろん、今後は今とは違う使い方での攻略が期待できそうですね。5グラム7グラムシンカーぶら下げてディープへ潜入とかね。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は、寒気のビッグフィッシュキラーであるDRT/ディヴィジョンのスーパーシャトルというスイムジグに触れてみました。

スイムジグが好きで興味がある方、なかなか手に入りにくいかもしれませんが、機会があったらぜひ使ってみてはどうでしょうか。入荷があったら通販で購入できうショップもある事ですし。

個人的には、こういったモデルチェンジなどは、旧モデルのイイ個所だけと比較されてしまうので、今後どんな書き込みや、SNSなどでどのような指示が多いか気になりますね(笑)

管理人のテキトー

管理人

まずは、寒くても釣り糸を垂れる事。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク