【18リョウガ】ダイワの新コンセプトDRデザイン!圧倒的巻き感度を得て生まれ変わった高剛性の丸型ベイトリールが現る!

ダイワ 18リョウガ キャッチアイ

スポンサーリンク




はい。どーも。道具アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

皆さん、丸型のベイトリールって使っていますか。寒い時期に手に持つと冷たくて使う気が失せますよね(笑)

ですが、あの剛性武骨なカッコよさに惚れて、丸型のベイトリールしか使わない!!っていう硬派な人もいるはずです。

アレはアレでアリですよね。

そんなところで、ダイワの2018年のベイトリールですよ。ダイワの超硬派系のヤツがモデルチェンジを受けましたので、丸型ベイトリールの利点共と、そのダイワ「18リョウガ」に触れてみようかと。

スポンサーリンク

圧倒的巻き感度 ダイワ 「18リョウガ」

毎年恒例のダイワの「ProjectT」ですが、2018年まずは丸型ベイトリールの「18リョウガ」が来ました。

実に9年ぶりモデルチェンジだそうで、9年前デビューした時はどんな感じだったか覚えていませんが、今も現役プロが使っていたりもしてリョウガはラインナップに欠かせない存在なのは確か。

そうなんですが、期待を込めて「ProjectT」の動画を見た人がSNSで、

期待したのに・・・
残念だった・・・

などの嘆いていましたが、まだ序盤という事で次に何があるのがわからないし、新機構なのかな?搭載されているギアも面白そうじゃないですかね。

そして新たなコンセプトDR(Detective Rotation)デザインと呼ぶ圧倒的巻き感度と、持ち前の剛性に磨きを掛け、そしてカラーリングもブラックに一新し迫力も出てましたよと。

需要が下降気味な丸型ベイトリールですが、この18リョウガは新たなユーザー層を取り込めそうですし、ストライクな人にはストライクなのでしょうね。

18リョウガのスペックと特徴

スペック

18リョウガ ギア比 重量(g) 最大ドラグ(kg) スプール径(mm) ラインキャパ(lb-m) 巻上長(cm) ベアリング/ローラー 価格
1016-CC 5.4 255 6 34 16-100 57 12/1 56,000
1016H 6.3 255 6 34 16-100 67 12/1 56,000
1520-CC 5.4 270 6 36 20-100 61 12/1 56,500
1520H 6.3 270 6 36 20-100 71 12/1 56,500

スプール径の情報は公式として出ていないと思いますが、リールの番手で個人では判断した非公式になります。

1520はジリオンTW HDと同様のスプールとなるでしょうね。

剛性と巻き感度

剛性巻き感度が丸型ベイトリールの最大のメリットですよ。

素材や各パーツの加工精度がもたらすの剛性ガタツキの少なさは、リール全体の感度と巻き感度を引き上げ、ロッドとラインを介して伝わってくる情報をより正確に手元へ伝えてくれます。

この剛性と感度とハイパーメッシュギアの相乗効果で、手元へ伝わってくる情報量巻心地良いフィーリングがありそうなのが容易に想像できます。

ギア

ギアの歯面モジュールを小さくすることによって、噛み合い率が1.5倍向上したハイパーメッシュギアを搭載し、回転性能が向上・・・

・・・したらしい(笑)

モジュール噛み合い率とか、ギアの世界もかなり奥が深いので、よく分からないですが(笑)
シマノで言うマイクロモジュールギア的なものでしょうかね。

ギアの歯を小さくして噛み合う歯を多くする的な?間違えていたらサーセン(笑)

ゼロアジャスター

ダイワ 18リョウガ ゼロアジャスター

スティーズから搭載され始めたゼロアジャスターですが、18リョウガにも搭載との事。

触ったら出荷時の良い状態が崩れてしまうというデメリットがありますが、そこにとらわれなければ、細かなトコロで調整ができるので扱える人や微妙なところまで気にする人には良い機能ですね。

ハイグリップIシェイプノブ

見た感じ、セオリーなどと同じノブでしょうか。ノブはすぐに交換するので何とも言えませんが、いい感じなんではないでしょうか?(テキトー感)

G1マグフォースZ スプール

ダイワ 18リョウガ G1スプール

TD-ZなどのマグフォースZと比べ、G1ジュラルミンの効果でしょうか、マイルドに立ち上がり、ブレーキで制御されているされすぎている感じが少ないスプールだとスティーズA TWを使って感じました。

もしかしてTウイングの影響もあるかもしれませんが(笑)

SICレベルワインド

レベルワインドにはステンレスを用いる事が多いですが、この18リョウガはロッドのガイドリングと同じ素材のSiCを採用している。

SiCリングはステンレスより硬く、レベルワインドという面でも巻き感度を高めているのが伺えます。

丸型ベイトリールの利点

ダイワ 18リョウガ 利点
  • 巻き感度
  • 剛性
  • 頑丈さ

今回の18リョウガやシマノではカルカッタ系の丸型ベイトリール最大の利点は、耳にタコができるかもしれませんがコレにつきますよ。

「巻き感度」

フレームのタワミや、経年での歪、変化が少なく良い状態の維持やリーリング時の滑らかさ、この滑らかさがあるから、何かにヒットした瞬間、異変に気が付きやすいという事でもあります。コレに魅了されて丸型ベイトリールが絶対必要と言う人も多いはずです。

そして、丈夫さ、ちょっと雑な使い方をしてもビクともしない。アルミには経年劣化もなくはないですが、上手に付き合えば20年とかも使えるのかもしれません。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は、ダイワ「18リョウガ」の特徴スペックと丸型ベイトリールの利点などに触れてみました。

18リョウガの新コンセプトのRDデザイン(ディテクティブローテーションでイイのかな)圧倒的な巻き感度ハイパーメッシュギア回転精度の効果の影響はどのくらい釣りを変化させてくれるのか。

ただの丈夫さだけのビックベイトモデルでは無くなった、圧倒的巻き物系リールに変貌を遂げた「18リョウガ」見ものですね。

ちなみに発売は2018年3月を予定しているそう。

管理人のテキトー

管理人

でも買わない(笑)

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク