【18ステラ】シマノのスピニングリール基準最高の回転性能か?大幅な軽量化などさらに進化して登場!

シマノ 18NAWステラ

スポンサーリンク




はい、どーも。道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

きっとこの記事は年明け一発目でしょうか。

という事で、新年あけましておめでとうございます!

本年もこのくだらないブログにお付き合い頂けたら幸いですので、どうぞよろしくお願いいたします。

んでもって、今回はシマノ2018年大注目の新製品「18ステラ」に触れてみようかと。

ステラやイグジスト、メーカー最高峰スピニングリールは、1度は使ってみたい憧れの存在であり、この18ステラもきっと最高なんでしょうね。

スポンサーリンク

シマノ 「18ステラ」

18NEWステラ イメージ

2018年シマノの新製品に「18ステラ」文字が!

これはビッグニュースですよね。シマノ、そしてリール界フラッグシップスピニングリールである、あのステラが大幅なアップデートを得てモデルチェンジをして「18ステラ」として登場するという事は。

18ステラは、前モデルと比べ、軽量化はもちろん、防水性の向上に、理想的な歯の形状を追求したマイクロモジュールギア2HAGANEギアの設計を見直す事で、ギアのサイズは変わらずともワンサイズ上のギア強度を実現。その2つの相乗効果で、リールとしても耐久性能はもちろん、巻いたときの雑音少なさやフィーリングの滑らかさも、より上質になっている。

ステラ特有の高級感所有感、そして全体性能大幅アップし、価格もそれなりに値上がりが予想されましたが、ほぼほぼ変わりない定価設定と、決して「安いと」言える価格ではありませんが、添え置きで旧モデルを上回る性能が手に入るのなら言う事は無いに等しい。

そしてこのモデルチェンジは、シマノユーザーなら察しが付いた事でしょうか。ステラがモデルチェンジされてきたのは、2010年2014年ときて2018年と、4年周期なので。(シマノにわかの管理人には予想外)

18ステラの特徴とスペック

スペック

18ステラ ギア比 重量(g) 最大ドラグ(kg) ラインキャパ(lb-m) 巻上長(cm) ハンドル長(mm) ベアリング/ローラー 価格
1000SSS PG 4.6 165 3 2-100 58 35 12/1 79,800
1000SSS DH 5.1 175 3 2-100 64 38 12/1 80,800
C2000S 5.1 170 3 4-100 69 40 12/1 79,800
C2000S HG 6.1 170 3 3-110 82 45 12/1 79,800
2500S 5.3 205 4 5-110 78 50 12/1 81,900
2500S HG 6.0 205 4 5-110 89 55 12/1 81,900
C3000 5.3 210 9 4(号)-100 78 50 12/1 81,900
C3000SDHHG 6.0 215 9 5-110 89 45 12/1 84,000
C3000XG 6.4 210 9 4(号)-100 94 50 12/1 81,900
C3000M HG 6.0 210 9 10(号)-110 89 55 12/1 81,900
3000M HG 5.8 225 9 2(号)-130 86 55 12/1 83,000
4000 5.3 255 11 5(号)-125 87 55 12/1 83,000
4000 XG 6.2 255 11 5(号)-125 101 55 12/1 83,000
4000M HG 5.8 255 11 3(号)-120 95 55 12/1 83,000
C5000 XG 6.2 260 11 6(号)-125 101 60 12/1 85,900

ラインナップありすぎでしょ。ブログ用に表にするのが大変でした(笑)

このブログを見てくれており、バスフィッシングをメインにしている方々は、C2000~C3000辺りがメインサイズとなってくるでしょう。

面構え

ゴールドのパーツが無くなり、アンタレスの様な高級感溢れるメッキで武装されています。

「あーあーメッキ系で武装ね」

と思い、嫌いだなダサいな、と口にする方もいると思いますが、管理人にはこだわりが伝わってきますよ「18ステラ」も。

よく見て下さいよ。ネジが、とても少ないと思いませんか。

そして全部メッキにするのではなく、小気味よく一部をメッキとする事で嫌味も少なく高級感が出ています。

重量

リール全体でおおよそ5グラムから25グラムほど軽量化されいるよう。

2500Sで比較してみると

18ステラ2500S=205グラム 14ステラ2500S=220グラム

そうすると15グラム減約10%程の軽量化となってきます。

自分の体重からさらに10%痩せろって言われるとどうでしょうか。結構厳しい数字だと思いませんかね。

軽い人になればなるほと減らせれる部分が少ないので、この18ステラ相当ですよ。

 

マイクロモジュールギア2

マイクロモジュールギアは歯を小型化し嚙み合わせる歯を密に多くすることで、強度を保ちなおかつ非常に滑らかな回転を実現させている機能。

これの進化バージョンのマイクロモジュールギア2は、狭いボディで回転方向を変えなくてはならい、制約が多いスピニングリールでどこまでの回転を手に入れるのか非常に気になるトコロ。

HAGANEギアバリアギアと相まって、ステラとして村田基プロ曰く、ギヤは2倍の強度ノイズは半分以下となっているそうです。

HAGANEギアとバリアギア

ここ数年シマノでよく耳にする「HAGANE」

18ステラにももちろん精密冷間鍛造で作られた「HAGANEギア」が搭載されて、さらにギアの表面特殊表面処理を施し耐久性もアップさせている。

また、強度は2500サイズ4000サイズ以上ギア強度があるそうな。このように各サイズXDモデルギア強度へとなっているようですね。

ここ最近のHAGANEギアの素材について謳われている事が少なく参考程度となるんですが、ツインパワーSWは超々ジュラルミンで、バリアギアは過去の、かなり前のステラSWに採用されているようです。

Xプロテクト

ステラSWやツインパワーXDにも採用されているシマノ独特の防水機能「ラビリンス構造」

ボディやローラークラッチ内部に塩分や水のに浸入を防ぎ、リールの持ち味の回転性能持続させる。リールのスムーズな回転を損なわないように非接触式にコダワリ開発されている。

ステラの回転性能はどこまで進化するのか

18ステラ 回転性能

ステラと言えばゆるぎない回転性能ですが、この「18ステラ」は14モデルよりもさらに回転性能が向上しています。

ボディも含め、内部の各細部のパーツの設計が見直され、パーツとの隙間、いわゆる「ガタ」を極限まで排除し、ギアそのモノの設計にまで手を加えるとこで、新たな次元の静粛性と巻き心地を実現させたようです。

この18ステラでも外う進化していると思いますが、進化したら気が済むのでしょうか(笑)

そして回転性能と言ってしまったらギアに注目しがちですが、スピニングリールの回転性能には、ローターも非常に重要であり、この「18ステラ」には、どのような素材で、どのような造りなのかも非常に気になるトコロです。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

 

今回は、2018年シマノ注目の新製品で4年振りのモデルチェンジを受けた「18ステラ」のスペックや特徴に触れました。

スピニングリールは良い物を使ったらそれ以下は使えなくなるので、この「18ステラ」の性能を味わえば戻れなくなるのでしょうね(笑)

そして、ラインローラー、マイクロモジュール2、サイレントドライブ、バリアギア、HAGANEギアなど、この2018年のモデルチェンジで多岐にわたり進化し、更なる上質なモデルとなった「18ステラ」に注目です。

予約も店頭やネット通販でも始まっており売り切れ必須になるかもしれません、気になる方はチェケラー。

管理人のテキトー

管理人

既に予約が始まってますよ!気になる方は是非!

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク