【18ブレイゾン】ダイワのハイスペックなエントリークラスロッドがモデルチェンジして登場!

ダイワ 2018 ブレイゾン キャッチアイ

スポンサーリンク




はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

バス釣りを始めた時、皆さんはいくら位の価格帯のタックル、ロッドやリールから入りましたか?

管理人はベイトリールしか覚えていませんが、5千円くらのベイトリールに5~6千円のロッドでした。ちなみに当時はシマノでした。

いわゆるエントリーモデルと言われるタックル、特にロッドですよね。

ピンからキリまである中で2018年ダイワが「ほー」っと唸らせるようなスペックのロッドリリースするので、今日はそれについて触れてみようと思います。

えっ?琵琶湖でも使えるじゃん!!

ってスペックもあるので気になる方は、ぜひ最後まで。

スポンサーリンク

ダイワ 2018「ブレイゾン」

あまり知られてないかもしれませんが、ダイワにも優秀なエントリーモデルロッドが存在するんですよ・・・(笑)

そのエントリークラスのロッド「ブレイゾン」が2018年にフルモデルチェンジを行い登場します。

特徴としては、幅広いラインナップと強度と軽さを両立するHVFカーボンや、素材をX状に締め上げネジレを抑えるブレーディングX全モデルに採用している点が挙げられます。

このスペック価格帯費用対効果を考えたら少しニヤケてしまいますよ(笑)

2018「ブレイゾン」のスペックとオススメモデル

ワンピースモデルスペック

全長(ft) パワー 重量(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格
651LB V 6.5 ライト 93 1.8-11 5-12 13,500
631MLB V 6.3 ミディアムライト 101 3.5-14 6-14 13,800
671MLB V 6.7 ミディアムライト 102 3.5-14 6-14 13,800
661MB V 6.6 ミディアム 104 5-18 7-16 14,000
661MHB V 6.6 ミディアムヘビー 110 7-21 8-20 14,300
6101MB V 6.10 ミディアム 105 5-18 7-16 14,800
6101MHB V 6.10 ミディアムヘビー 112 7-21 8-20 15,000
721MHB V 7.2 ミディアムヘビー 136 7-21 8-20 15,400
721HB V 7.2 ヘビー 144 11-28 10-25 15,600
74XHB V 7.4 エクストラヘビー 146 14-56 16-30 15,800
641ULS-ST V 6.4 ウルトラライト 84 0.9-5 3-6 13,800
621ULS V 6.2 ウルトラライト 82 0.9-5 3-6 13,600
641LS V 6.4 ライト 85 1.8-7 4-8 13,800
641MLS V 6.4 ミディアムライト 91 3.5-11 5-10 14,000
661LS V 6.6 ライト 87 1.8-7 4-8 14,000
661MLS V 6.6 ミディアムライト 92 3.5-11 5-10 14,200
681LS V 6.8 ライト 90 1.8-7 4-8 14,200
6101MLS V 6.10 ミディアムライト 93 3.5-11 5-10 14,400

ワンピースはベイト10モデル、スピニング8モデル計18モデルのラインナップで、6フィート中盤から7フィート前半までと、近代の釣りで最もよく使う長さがしっかりとラインナップされている。

ツーピースモデルスペック

全長(ft) パワー 重量(g) ルアー(g) ライン(lb) 価格
672LB V 6.7 ライト 97 1.8-11 5-12 13,500
652MLB V 6.5 ミディアムライト 101 3.5-14 6-14 13,800
662MB V 6.6 ミディアム 105 5-18 7-16 14,000
672MHB V 6.7 ミディアムヘビー 118 7-21 8-20 14,300
6102MB V 6.10 ミディアム 107 5-18 7-16 14,800
6112HB V 6.11 ヘビー 146 11-28 10-25 15,000
722MHB V 7.2 ミディアムヘビー 142 7-21 8-20 15,400
722HB V 7.2 ヘビー 150 11-28 10-25 15,600
642ULS V 6.4 ウルトラライト 82 0.9-5 3-6 13,600
642LS V 6.4 ライト 89 1.8-7 4-8 13,800
662LS V 6.6 ライト 89 1.8-7 4-8 14,000
672MLS V 6.7 ミディアムライト 94 3.5-11 5-10 14,200
6102LS V 6.10 ライト 93 1.8-7 4-8 14,200
6102MLS V 6.10 ミディアムライト 95 3.5-11 5-10 14,400

ツーピースはベイト8モデル、スピニング6モデル計14モデルのラインナップで、 ベイトでは1オンスまで扱えるヘビーロッド、スピニングはワンピースと遜色がないレベルのライトリグまでカバーできるスペックのラインナップとなっている。

オススメ-ベイトロッド「ブレイゾン 721MHB V」

陸っぱりで7フィート2インチ少し慣れが必要となってくる長さとは思いますが、この長さに慣れたら短い竿が使いたくなくなるかもしれません。

柔らかすぎず、スピナーベイト、クランク、ラバージグ、ヘビキャロとルアーの耐荷重幅に優れオールラウンド的なモデルをチョイス。

野池を考えたら少し長いかもしれませんねが、あくまでも琵琶湖基準ということで(笑)

オススメ-スピニングロッド「ブレイゾン 6102LS V」

超軽量とは言えませんが、軽量なダウンショットやネコリグ、ライトテキサス、シャッドやミノーまでカバーできるロッドレングスがあり、冬やタフな状況シャッドを中心釣りを組み立てるイメージしてチョイス。

66でもいいような感じがしますが、足元でのバスとのやり取りや好みでロクテンで。

リニューアルしてイケイケモデルへ

ダイワ 2018 ブレイゾン イメージ

ロッドのラインナップ、種類は以前から豊富であったブレイゾンですが、今回のモデルチェンジで、ロッド重量が軽くなり高弾性の素材の採用で使用感もシャープになり大きく改心、進化をしました。

そのような使用感やスペックもですが、何より見た目の変化が1番あったと感じました。

コルクとEVAの組み合わせたセパレートグリップ赤系のワインディングチェックやコスメ。フレッシュでイケイケ感をり出そうとしているのが垣間見えます

おじさん目線で言わせってもらうと、若々しく若干安っぽく見えなくもありません。ですが、これが流行り若者ターゲットを絞った1つの形となっているのではないのでしょうか。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は2018年にモデルチェンジをしたダイワ エントリークラスロッド「ブレイゾン」について書きました。

釣りを始めた時って、結構なペースでステップアップをしていくため、使いたいロッドがコロコロ変わったりと、エントリークラスのロッドは使う期間が短いと思いますが、性能スペック的にはそれ以降も使う事ができるので、釣りを始めた方ももちろん、1つのモデルを長く使いたいと思っている方などにもお得なロッドだと思います。

それに付け加えて、ミドルクラスをメインにしている方の穴埋めモデルとしても重宝しそうですね。

管理人のテキトー

管理人

ジャイアントベイトとか扱えるスペックもラインナップしたらもっといいモデルになるのにね

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク