【ポイズンアドレナ】2018年ジャッカル×シマノ、新技術を搭載して新たな第2世代へ突入する!

ジャッカル×シマノ 2018 ポイズン アドレナ キャッチアイ

スポンサーリンク




はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日から横浜で開催されているジャパンフィッシングショーinパシフィコ横浜で、なにやらジャッカル×シマノが会場から今流行りの生中継、AbemeTVを通して、新製品の発表をしたようですね。

驚き桃の木山椒の木ってね・・・(笑)

・・・フィッシングショー行きたいんですが、横浜は少し遠いので行けませんので、いろいろと聞き耳を立てていました(切実)

このジャッカルxシマノの新製品についてはカタログでも出回っていたようですし、SNSでも情報が出てしまっていたので驚きではありませんでした・・・(笑)

という事で今日は、あたかも今知ったかの如く、その新製品の目玉でもあったジャッカル×シマノ 2018モデルアノロッドに触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

ジャッカル×シマノ「ポイズンアドレナ」2018モデル

ジャッカル×シマノ 2018 ポイズン アドレナ

2018年、ジャッカル×シマノ「ポイズンアドレナ」の第2世代がスタートする。

2013年にジャッカル×シマノからデビューしたロッド「ポイズンアドレナ」は、実に5年振りモデルチェンジとなり、当時、衝撃を与えた中空構造のカーボンモノコックグリップは、後にシマノの他シリーズのロッドにも採用される、熟成された1つの技術となりましたが、迎えた2018年、それが更なる進化を遂げ2018モデル 「ポイズンアドレナ」に搭載される。

もともとポイズン系のロッドは、軽くしなやかで、感度が良いなと思わせるロッドでありましたが、この新しくなった2018モデル、ポイズンアドレナは、新技術「フルカーボンモノコックグリップ」を搭載し、どこまでその性能を引き上げているのか・・・

・・・気になり過ぎますわ(笑)



スペック、ラインナップと使われいる技術

2018 ポイズンアドレナ スペックとラインナップ

ポイズンアドレナ ベイト(ワンピース)
全長(ft) パワー テーパー ルアー(g) ライン(lb) 価格
163L-BFS 6.3 ライト FF 4-12 6-12 34,500
163M 6.3 ミディアム RF 7-21 8-16 32,500
166MH 6.6 ミディアムヘビー F 10-30 10-20 35,500
1610M 6.10 ミディアム RF 8-16 8-16 36,000
1611M+ 6.11 ミディアムプラス F 8-20 8-20 37,000
172H 7.2 ヘビー F 12-25 12-25 39,500
173MH 7.3 ミディアムヘビー RF 20-20 10-20 39,500
174H-LM 7.4 ヘビー RF 10-56 12-25 41,000
ポイズンアドレナ スピニング(ワンピース)
全長(ft) パワー テーパー ルアー(g) ライン(lb) 価格
261SUL-S 6.1 スーパーウルトラライト FF 1-5 2-4 35,000
264UL 6.4 ウルトラライト FF 2-7 2.5-5 34,000
266L 6.6 ライト F 3-10 3-6 35.500
267ML 6.7 ミディアムライト RF 4-12 4-8 37,000
ポイズンアドレナ ベイト(2ピース)
全長(ft) パワー テーパー ルアー(g) ライン(lb) 価格
166ML-2 6.6 ミディアムライト RF 5-15 7-14 36,000
1610M-2 6.10 ミディアム RF 7-21 8-16 35,500
172H-2 7.2 ヘビー F 12-42 12-25 40.000
ポイズンアドレナ スピニング(2ピース)
全長(ft) パワー テーパー ルアー(g) ライン(lb) 価格
264UL-2 6.4 ウルトラライト FF 2-7 2.5-5 34,500
266L-2 6.6 ライト F 3-10 3-6 36,000
276M-2 7.6 ミディアム RF 5-15 5-10 40.500

採用技術

ワンピースモデルとなります
  • スパイラルXコア
  • フルカーボンモノコックグリップ
  • ナノピッチ
  • アルティメットブランクスデザイン
  • パーフェクションシートXT
  • タフテックαソリッドティップ(261SUL-S)
  • ティップに低弾性カーボン(174H-LM)
  • ステンレスSICガイド
  • セミマイクロガイド
  • マイクロガイド(BFS)
  • オールKガイド(267ML)

このように採用されている技術を書きだしてみると、知っている技術からあまり見ない技術まで、本当に多くの技術がつぎ込まれています

アルティメットブランクスデザイン(UDB)
アルティメットブランクスデザイン(UDB)とか聞いたことありますか?

数ある素材の中から厳選し、ティップ、ベリー、バットの各セクションに適所に配置する設計技術。だそうです。

・・・

詳しくは、カタログやフィッシングショーで聞いてください(笑)

ステンレスSICガイド

実はステンレスフレームのガイドだったとか・・・

旧モデルのポイズンアドレナを使った時、持ち味が非常に軽い印象だったので、勝手にチタンフレームのガイドを採用していると思っていました。

上位機種との差別化や、コストのバランスを計ったのでしょうか。
また、そういう事だけではなく、ブランクスの戻りスピードの計算、ブランクスとのバランスなどを考慮しての採用でしょうか。これも気になるトコロです。

フルカーボンモノコックグリップ

ジャッカル×シマノ 2018 ポイズン アドレナ フルカーボンモノコックグリップ

2018モデルのポイズンアドレナから搭載された新技術「フルカーボンモノコックグリップ」は、リールシート後ろグリップからリアグリップまで一体の中空成形で造られており、今まで従来のコルクでも、EVAでもなく、第3の素材カーボンという事でとてつもなく軽量なグリップ、リアセクションとなっています。

先代のカーボンモノコックグリップとの比較では、28%もの振動伝達率が向上している模様。

コレとシマノの軽くしなやかなブランクスが組み合わさっているという事で、ハンパない感度が想像できますね。

それにしても、どのような造りになっているか、ぶっ壊して、あっ分解して構造を見てみたいです。使用感もですが、管理人はそっち気になるトコロ(笑)

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、フィッシングショーで異例の生中継を使用して新製品の発表を行った、ジャッカル×シマノの新製品2018モデル「ポイズンアドレナ」に触れてみました。

新技術の「フルカーボンモノコックグリップ」を採用しつつ、価格帯3~4万円と旧モデルとほぼほぼ遜色なく、利便性も良い2ピースモデルもラインナップもあり、そして、ポイズンシリーズで1番汎用性に優れたモデルとなっていますね。

アルティマ、グロリアスはちょっと高く手が出ない・・・けどそれに近い性能を味わいたいという方にもオススメのモデルって感じかな。

ちなみに発売日は、ワンピースモデルは、2018年3月頃、ツーピースモデルは2018年5月頃の予定。

管理人のテキトー

管理人

SNSで買ったばっかりなのに、モデルチェンジしちゃった(涙)ってのを見てこの時期の新製品購入は考えモノと思ったね(笑)

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク