【REVO X】アブガルシアのベイトリール入門モデルなのか?高い剛性を誇るアンダー2万円クラス登場!

アブガルシア REVO X キャッチアイ

スポンサーリンク




はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

各メーカー、各ブランド、ベイトリール入門ライトユーザーなどに向けてもラインナップを充実させているアンダー2万円クラス

そんなモノにも目はくれない。

という方もいますが、昨年、一昨年辺りからそのクラス、それ以下も侮れない性能を持ち始めて、今年はなんとアブガルシアにも「おっ」と感じさせるベイトリールが登場するみたいで、それが結構気になったのでそのリールに触れてみようかと。

そういう事で、今日は、アブガルシアのベイトリール入門モデルとなるのか?「REVO X」について。

スポンサーリンク

アブガルシア「REVO X」

2018年、アブガルシア新製品の1つ「REVO X」ですが、このベイトリールをパッと見た感じが、マットブラックで全体像がグッとひき締まって見え、カッコ良く感じないですか?

ここ数年、本当に伸びてきた印象があるアブガルシアが、このアンダー2万円クラスにも、剛性が高いアルミ製フレーム大口径ギアの採用で、大きくテコ入れをした感じがします。

フレーム形状は、昨年、2017年にリリースされたREVO LVなどと同じにも見て取れますが、実際のトコロはどうでしょうかね。もし同じならば、塗装の感じが違うだけで、こうも印象が変わるのかとも思う。

ちなみに、昨年までのアブガルシアのアンダー2万円クラスの事情は知らなくエアプです(笑)

「REVO X」のスペックと特徴

スペック

18リョウガ ギア比 重量(g) 最大ドラグ(kg) スプール径(mm) ラインキャパ(lb-m) 巻上長(cm) ベアリング/ローラー 価格
Revo X/X-L 6.6 224 8.1 33 14-130 68 7/1 15,000
重量こそ激軽とは言えませんが、そこそこ軽くダイワのタトゥーラ遜色がない

そして定価1万5千円という価格帯で7個のベアリングが入っているのも魅力です。

特徴

  • X-CRAFTICフレーム
  • マグトラックスⅢブレーキシステム
  • ハイブリッドカーボンマトリックスドラグ
  • D2ギアデザイン大口径ブラスギア
  • デュラクラッチ
  • 33mmスプール
  • etc…

昨年リリースされたREVOシリーズにも採用されている、アルミ製エックスクラフトフレームを用いる事で高い剛性を誇り、ソルトにも対応となっている。

そして、上位クラスと同等の強度を誇るフレームとさることながら、心臓部ギアにも耐久性が高い大口径ブラス・真鍮ギアとする事で、リールトータルでの高剛性を実現させているのが伺える。

このクラスでも信頼できる強度を持つという事は、長く使う上でも非常にプラス要素となる。

クラストップのデザイン?

クラストップか?

シマノのカシータスMGL、ダイワのフエゴCT、そしてアブガルシア「REVO X」と。

同クラスに値するベイトリールと比較しても、デザイン機能でも引けを取らなく、特にデザインは、好みはあるかも知れませんがトップとも言えなくはないでしょうか。

本当にここ数年のアブガルシアは「違うな」と思わせて来ています。

その独創性駆使して、シマノ、ダイワの2大メーカーの間に割って入る勢いで迫りつつも、地盤をしっかりと固め、新たなブランドイメージというものを構築していっているのかなっと感じとれます。

そして今後はやはり強いられるのは、万人受けする性能信頼性でしょうか。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、2018年アブガルシアの新製品「REVO X」に触れてみました。

先ほど、しいられるのは性能信頼性と書いてみましたが、琵琶湖ガイドの木村プロやアメリカトーナメントに挑戦する青木プロ、イマカツの今江プロ長年にわたって使用しているので、その部分もかなり向上しているのは確かでしょうね。

ここまで来たら、あとは勇気を出して買うだけか(笑)

管理人のテキトー

管理人

んー気になるけど一歩踏み出せない(笑)

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク