パーツクリーナーってどれが良い?オーバーホールする時のベアリングの洗浄方法は?乾燥は必要ですか?管理人的に答えます!

ベアリング乾燥法など イメージ

スポンサーリンク




はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

1月末から2月上旬とか雪が降ったり冷え込んでいますが、皆さんは釣りに行っていますか。それとも家に引きこもって、リールなど道具のメンテナンスに励んでいるって感じですか?

リールのメンテナンスやオーバーホール、特にベアリングの洗浄などに使うパーツクリーナーなんですが、管理人はコレを使う時、気を払っている点があり、それは皆さんも知っておいても損はしないと思います。

なので、今回はそれを含めた、パーツクリーナーについてとベアリングの洗浄方法などを紹介できたらと思います。

スポンサーリンク

パーツクリーナーとベアリングの洗浄、乾燥方法

パーツクリーナー

リールのメンテナンス時に使うパーツクリーナー、ホームセンターの1本300円程度ので良い派の人もいれば、ワコーズやピットワーク、はたまたZPIのパーツクリーナーF0など1000円とかするモノが良いという意見する人もおり、結局のところこれは賛否両論だと思います。

高いモノと格安のモノでは成分だったり、洗浄力だったりと差はあると思いますが、基本、使い捨てなんでどちらでもイイんじゃないかという考えで管理人はいます。

どちらを使っても重要となってくるのは、乾燥なので、このポイントをしっかり押さえれば良いと思います。

極論、パーツクリーナーは、好きなものを使って下さい(笑)

ただ、高いのを使ってケチるくらいなら、安いを大量に、湯水のごとく使って洗浄する方が良いんではないかな。

ベアリングの洗浄方法と大切な乾燥方法

洗浄方法

  • ベアリングリフレッシュセット
  • ベアリング洗浄ケース
  • メガネ洗浄機
  • 漬け置き

各パーツの洗浄もですが、ベアリングの洗浄もいろいろ試しました。

スプールベアリング
ベアリング洗浄ケース ベアリング洗浄ケースを使ってブクブクと洗浄する事が1番お手軽ですね。頻度が高いスプールベアリングには打って付けだと思う。

リール内部シールドベアリング
ベアリングリフレッシュキット

リール内部のシールドベアリングは、丁寧にやる場合、ホワイトガソリンに漬け込んで数日放置した後にベアリングリフレッシュセットでクリーニングしグリスを再充填します。

ちなみに購入したばかりのベアリングのグリスを抜きたい場合も、ホワイトガソリンに漬け込んで置いたら数日後にはある程度抜けています。

メガネ洗浄機
メガネ洗浄機

リールのオーバーホール時に使っている方もいますが、管理人的にはあんまりオススメしません(笑)

実際にメガネ洗浄機も使ってはいましたが、準備がめんどくさいのと、汚れが落ちにくい部分があるので、しっかりとパーツクリーナーなどで圧を掛けて落としてやる方が安心で良い。

大切な乾燥方法

  • 自然乾燥
  • エアーダスター

この乾燥が、スピニングリール、ベイトリールどちらのリールをオーバーホールするにも、ベアリング細かなパーツ類にも共通して言える大切だとなポイントだと思っています。

なぜなら、パーツクリーナーなどでの洗浄後には、気化熱が発生し、洗浄したベアリングやパーツが結露してしまうからです。

洗浄後に塗るグリスオイルにとって、水分は余分な成分、不純物となるので、乳化してしまい本来の性能が発揮されません

なので洗浄後はしっかりと乾燥させることが重要。特にベアリング

エアーダスター

ホームセンターなどで売っているキーボードの埃とか飛ばすスプレー

これで軽くシュシュッと数回っ吹いたら飛んでいると思うので、吹いたらベアリングを回転させて確認して、微妙だったら繰り返し行う。

声を大にして言えない方法
秘密の方法

ベアリングツールにベアリングを置いて、ベアリングを回して、回っている間に一瞬だけライター炙る

パッパッて感じです。

コレが1番手っ取り早いと思いますが、基本的にパーツクリーナー火気厳禁なのでないので真似しないでくださいね(笑)

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は少し簡単になりますが、パーツクリーナーベアリングの洗浄、乾燥方法についてでした。

リールをオーバーホールする際に、汚れを落とす事最初ですよね。どれだけいいグリスを、どれだけ綺麗に塗っても汚れが取れていなかったら意味もありませんし、乾燥も適当だったら本来の性能も引き出せてるか分かりませんので、洗浄は丁寧に。

そしてベアリングはしっかり乾燥さしましょう。

管理人のテキトー

管理人

メンテナンスは定期的にね。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク