【18コンクエスト】世界最高のブランクスデザインとシマノ世界屈指の製造技術が1つになったロッド!

シマノ ジールーミス コンクエスト

スポンサーリンク




皆さん、海外製のロッド、洋モノのブランクス性能を甘く見ていませんか?

はい、どもども、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日は、2018年、今季リリースするシマノが海外ロッドメーカーとコラボしたベイトロッド「18コンクエスト」について触れてみようかと思うのですが・・・

実は、ロッドの製造や素材に関して日本の技術は高いレベルにあると思いますが、海外製ロッドも良いモノはあるんですよ。

スポンサーリンク

シマノ× G.Loomis コラボロッド「18コンクエスト」

2018年シマノ新製品バスロッドとしてリリースされる「18コンクエスト」

このコラボ相手である、G.Loomis(=ジールーミス)ですが、聞きなれない方も多いでしょう。ですが昔から釣り好きな人は、「おぉ」っとなっている事間違いない・・・たぶん(笑)

フィッシングショウでも、シマノの動画でもあったようにG.Loomisとは、ルアーロッドのブランクスを製造するとても古くから存在するメーカーであり、そのロッドはテーパーやパワーにしても、今もなおルアーロッドとして世界で通用し多くの魚種へ対応できるデザインを持つロッド、ブランドです。

そして今回のコラボでリリースされるロッドのテーパーパワーなどのブランクスデザインを受け持ち、シマノは素材製造などを担当をしている。

この「18コンクエスト」の価格帯を目を向ければ、6万円中盤と高く思えますが、世界最高のブランクスデザインとシマノが誇る技術で造られたロッドは、見るからに引き締められタブランクスで、感度も非常に高そう、なおかつ造りもしっかりして良そうなので手に取る事にワクワク感をも覚えます。

18コンクエストとスペック表と製法特徴

スペック

コンクエスト ベイトモデル
全長(ft) パワー テーパー ルアー(g) ライン(lb) 価格
782C MBR 6.6 ミディアムクラス ファースト 7-18 8-14 65,000
783C MBR 6.6 ミディアムヘビークラス ファースト 10-17 7-21 65,000
842C MBR 7 ミディアムクラス ファースト 8-14 7-18 65,000
843C MBR 7 ミディアムヘビークラス ファースト 10-17 7-21 65,000
844C MBR 7 ヘビークラス ファースト 12-20 10-28 65,000
903C MBR 7.6 ミディアムヘビークラス ファースト 10-17 7-21 67,500
904C MBR 7.6 ヘビークラス ファースト 12-20 10-28 67,500
905C MBR 7.6 エクストラヘビークラス ファースト 15-30 21-84 67,500

パワーに関しての表示が、従来のバスロッドとは違い番手表示なのでおおよそで置き換えています。参考としてお考えください。

コンクエストスピニングモデル
全長(ft) パワー テーパー ルアー(g) ライン(lb) 価格
782S SJR 6.6 ミディアムクラス ファースト 3.5-14 8-14 65,000
842S SJR 7 ミディアムクラス ファースト 3.5-14 8-14 65,000
843S SJR 7 ミディアムヘビークラス ファースト 5-18 8-15 65,000
902S SJR 7.6 ミディアムクラス ファースト 3.5-14 8-14 67,500

製法特徴

  • スパイラルX
  • パイパワーX
  • チタンフレームトルザイトSICガイド
  • 最大15%の軽量化を達成
  • コルクグリップ

使われている製法など、ワールドシャウラやポインズンアドレナなどに比べたら圧倒的に少ないですが、伝統的ブランクス設計や最新のトルザイトガイドの採用でロッドの自重はどのモデルとも遜色なく、ベイトモデルの最軽量は100グラム。スピニングモデルは94グラムの仕上がりとなっている。

スピニングモデルのルアー適用ウエイト広さとかは、日本のロッドにはない魅力がある。

海外ブランクスの性能イメージ

洋物

G.Loomisのロッドを実際には使っていませんが、セントクロイという海外の大規模ブランクスメーカーのブランクスを用いたロッドをここ5~6年使っています。

海外の製品なので「雑」「感度が悪そう」「重そう」と、あまり良くないイメージを持ってしまいがちですが、その使用感からして「そうではない」と言いたい。

セレクトするブランクスで次第では高弾性高感度で、確かに大味な部分はありますが、曲がるしティップは入るしリフティングパワーもあるブランクスデザインも多く存在し、使い勝手からしても良い印象です。

それが、この「コンクエスト」直接繋がる事はないですが、海外にも「良い」と言わせるようなブランクスデザインは存在するし、実際に使用しても良いイメージなので、今回シマノとG.Loomisがコラボした「コンクエスト」も個人的な期待値は高いです。

しかもシマノの製法なんで特に。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は、G.Loomisとシマノがコラボしたロッド「18コンクエスト」に触れてみました。

んーお高いですね。やっぱり。カタログ定価6万5千円で、税を入れたら7万2百円か・・・トルザイトガイドや上級のコルクグリップなどの採用を考えたら、そんなものかね。

ちなみに豆知識程度ですが、10年くらい前にG.Loomisがシマノへ身売りをしていたそう。シマノ関連会社として今まで存在し続け、良好な関係性が今回のコンクエストに至ったのかもしれませんね。

管理人のテキトー

管理人

ジールーミスについて書きたかったのにコンクエストになっちまった(笑)

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク