今流行っているメタルバイブはどれ?管理人が良いと思う「釣れる」メタルバイブを選びます。

メタルバイブ

スポンサーリンク




準備は大丈夫?今からはメタルバイブが熱い!

はい、どもども、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

もうすでに熱くなってきているでしょうか。極寒のメタルバイブゲーム。

琵琶湖通いの方は、今年のワカサギが微妙なだけに割り切って、既にメタルゲームをやっている方も多いでしょう。もちろん野池でも大いに通用するパターンでもありますので気になる方は最後まで。

というわけで、今日は持っていて損はないメタルバイブを厳選してみます。

スポンサーリンク

どのメタルバイブが今熱い?

ほんとメタルバイブも種類が増えました。各メーカーさまざまな素材を使って特色違い造り多くのモデルやタイプがリリースされていますね。言うなれば売上を獲得する為に市場にある隙間を狙っている販売戦略だとも思いますが・・・まぁそれにつられるのが釣り人ですからね(笑)

特に流行っているのはコンピューターなどに使われている基盤サーキットボードを使っているモノだと感じますが、皆さんは、どう思いますか。

サーキットボードを使っているメタルバイブで一番に挙げられるのは、デプスサーキットバイブでしょう。ラインナップにある一番軽い1/8(3.5g)モデルでも、レスポンスが非常に良く、しっかりとしたアクションをして釣れる感じがします。

サーキットバイブとザリバイブを使い比べてどちらが良いというのはありませんが、素材でこれほどアクション変わるのだと、実感はしました。素材に関して言えば結局のトコロ、1周して真鍮などにセオリーな素材の物に落ち着きそうな感じはありますが・・・物事の流行り廃りは必ず1周するという風に、管理人は考えています。

メタルバイブセレクト

テッパン

ザリメタル
スパイラルフォールで一躍名を馳せた釣れるメタルバイブ。琵琶湖でもお馴染みでしょうか。
ただラインナップに重たいサイズがないのが、流行りきない理由かもしれません。

リトルマックス

メタルバイブ、テッパンバイブと言えばこれ。とりあえずリトルマックス買っておけば良いと思う(笑)

ノッキンジョー

ジャッカルの特徴的な顔を持つメタルバイブ。

リフト&フォールという使い方が主流の中、リトリーブという横の動きで狙っていくタイプのメタルバイブ。

サーキットボード

サーキットバイブ

最強のレスポンスをもつ、メタルバイブの中でも特殊素材サーキットボードを使ったメタルバイブ。

ロッドに伝わってくるブルブル感か強く扱っていて気持ち良い。

キーバーン

売りはやはり動き出し、レスポンスの良さでしょう。着底後、大切な1回目の動きだしからしっかりとアクションをしてくれる。

チタン

チタンバイブ

釣り具に、しかもルアーにチタンとは、って感じですね。比重も軽いのでレスポンスかなり良いはず・・・使っていないのでわかりませんが(笑)

チタンって強くて、軽くて、いい素材ですが、加工が難しい部分もあるので製造法が気になります(笑)

琵琶湖では

琵琶湖、冬から春にかけての風物詩?メタルバイブレーションと言えばエビメタル!

2016.10.29

以前にも紹介しておりますが、琵琶湖ではやっぱりエビメタルでしょう。1オンスや1.5オンスでかっ飛ばして沖を釣りゲーム。

遠投でロッドベイトリール性能フルに使っている気持ち、気分の良さはマジでありますね。

日中のデイゲームであり、夜明け前はバイブレーションで足元、地質が切り替わったりする場所でゴンっと良いのが釣れる。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、これからの時期に効き、釣れそうなメタルバイブを幾つかピックアップしてみました。

他にOSPやノリーズなど釣れるメタルバイブはまだまだ多くあります。これは、あくまでも管理人の個人的な好みが大半なので、そこんトコロよろしくです(笑)

去年は、琵琶湖のロングレンジだったらエビメタル、小さいスポットだったらザリメタルサーキットバイブの出番が多かったかな。

管理人のテキトー

管理人

売切れる前に準備をね。

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク