【ヴィローラ】ディスタイルからミドストに最適なリアルベイト系ワームがリリースされる!必殺ワームとなるか?

スポンサーリンク




今年もこの男、青木大介プロとディスタイルも熱そうですよ!

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今年のディスタイルの新製品を見ていたら、今年、2018年製品群熱そうだなと思い、その中でも特に今回取り上げる「ヴィローラ」が管理人の中では「釣れそう」と感じているのでピックアップしてみようかと思います。

詳しい情報は、まだ少ないですが、このワームは必殺系のワームになりそうなので気になる方は最後まで是非。

スポンサーリンク

リアル系ワーム DSTYLE「ヴィローラ」

フィッシングショウもひと段落し、各情報も動画化されている中で、2017年のトーナメントシーンを盛り上げ、2019年に海外トーナメントへ参予定である青木大介プロのブランドであるディスタイルの商品も紹介され始め、その中でもこの「ヴィローラ」に最も注目しました。

このようなリアルベイト系ワームはもう既に各メーカーからリリースされている中、この「ヴィローラ」が1番ジグヘッドミドスト適していそうバランスで、全体的にもリアルベイトに近いと思いました。

各メーカー、ロールさせやすいようピンテールだったり、色々なテールを取り入れ工夫を凝らしていますが、コレっていう、ピンくるものがこの市場には正直、今までは少なかったです。

「ヴィローラ」の特徴とリグ

特徴

このヴィローラの最大の特徴は、動画で説明があるように中空浮力があるという事でしょう。

その他にはテールセクション全体厚みに加え、テール、尻尾の部分だけ若干の変化を与えて、少しの水流でも小さくピリピリ動くような味付け。

との事ですが、管理人は素材柔らかさとワームの前方部丸み厚みバランスが、ジグヘッドとの相性が良さそうと直感的に感じました。

最適なリグ

  • ジグヘッド
  • ノーシンカー
  • ドロップショット
  • デットフィッシュ水面ピクピク
  • I字引き

地味になんですが、線径の太い針で浮き方を調節してあげる事でキャロのトレーラーでもいい感じで使えそうじゃないでしょうか。

渋い時の必殺ワームか?

渋い時にイイ

多くのリグへの対応し、このリアルシェイプ、フォルム

敢えて使いすぎずに、ここぞってポイント渋い状況の時に投入することで、よりヴィローラが活躍しそうな匂いがしますね。めっちゃ個人的にですが(笑)

そして、フックを横ざしにしてバランスを取って、ボトムで跳ねさしたりするリアクション的な使い方もアリかなと、今は思うのですが、そこは素材感次第でしょうか。

このようなリアル系ワームのリアクション使いでキツイ状況の時に結構おいしい思いをしたことがあるのでリアクション使いでも期待をしちゃってます。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は、2018年ディスタイルの新製品の1つである「ヴィローラ」について触れてみました。

リアルベイト系ワームと瞑されて特殊使い方必要?って思ってしまいますが、案外オールマイティに使えるワームだと感じました。ですが、やはり管理人が1番気になるのはジグヘッドですな(笑)

まだ、発売時期などは明確に出ていないと思いますが、非常に楽しみな製品は確か。

管理人のテキトー

管理人

サイズ感がディスタイルらしい。

では、また


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク