【クルコマ】クルモノコバマズなスピナーベイトが一誠からリリース!コンパクトで気持ちよく扱える!

スポンサーリンク




クルモノコバマズ。

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日は一誠の新作ルアーのスピナーベイトネタ

コンパクトなスピナーベイトで、管理人的にDゾーンフライと同じ位置にくるので結構期待しています

恐らく釣れ釣れのスピナーベイトになるんではないかと予想しています。

なので、気になる方はぜひ最後まで。

スポンサーリンク

一誠「クルコマ」

相変わらず面白い名前の付け方ですね。

「クルコマ」

クルモノコマバズ

一誠初のスピナーベイトで、パッと見た特徴コンパクトという点が一番に挙げられるでしょか。

メーカー公表の重量8グラムと、強めのスピニングミドルクラスのベイトタックルでも十分扱える。

どちらかというと、琵琶湖より、小規模な野池河川などにベストマッチという感じですか。

琵琶湖で言うと水路内湖ベジテーション周りをサーチするのに良いでしょう。

スペックとディテール

スペック

  • ジャンル:スピナーベイト
  • 重量:8グラム(自宅計測 ダブルウィロー 12グラム/シングルウィロー 11グラム)
  • フロントブレード:#2
  • リアブレード:#3

実重量は、メーカー公表より少し重た目ですね。

ワイヤーの線径は、管理人がノギスにて計測したところ0.65~0.75辺りでした。

いわゆるファインワイヤーって感じでしょうか。

良くも悪くもすぐ曲がるだの云々言われるでしょうね。
もうこれはスピナーベイトにとって宿命的なものですから(笑)

ディティール

ダブルウィロー
一誠 クルコマ ダブルウィロー
シングルウィロー
一誠 クルコマ シングルウィロー
ヘッド
一誠 クルコマ ヘッド

目の膨らみが可愛らしいヘッド。

ワイヤーの太さや、全体の大きさの割、気持ちボテっとしている印象。

グングン浮き上がらずにビシッレンジキープができそうな形状だと。

フックキーパー
一誠 クルコマ ワームキーパー

しっかりとしたワームキーパー。

管理人はスピナーベイトにトレーラーは好きじゃない(笑)

ごちゃごちゃする感じがする。

前後ブレード厚み
一誠 クルコマ ブレード前後厚み

上側がリア、下側がフロントですが、この写真ではほとんど変わりがなく見えるが、このバランスにも非常にコダワリが詰まっている。

ワイヤー
一誠 クルコマ ワイヤー形状

ワイヤーを軽くベンドさせる事によって、カーブフォールの時でもフロントブレードがしっかり動く

印象

一誠 クルコマ 印象 コンパクトの割にズッシリ重たい

余裕で手のひらに乗るサイズですが、その割に重たいというかなんというか。

ミディアム~ミディアムヘビーのベイトでも十分扱えそうです。

主観ですがDゾーンフライよりも重くOSPのハイピッチャーよりも軽い感じ。

アルデバランMGLジリオンTW SVなどのベイトリールで扱えばめっちゃ気持ちよく扱えそうな類のスピナーベイトとなっています。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は一誠初のスピナーベイト「クルマコ」の紹介でした。

コンパクトなスピナーベイトに興味ない方は多いかもしれません。

ですが意外に数釣りができたりスピナーベイトにしか反応しない時もあるので持っていても損はないかと。

そして今売られているクルコマは、2種類で1つのパーッケージとなっている限定タイプで少しお得なので気になる方は要チェック。

管理人のテキトー

管理人

Dゾーンフライかラクルコマへ切り替えかな。

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク