【ベイトリール】スプールリムのどこまでラインを巻く?それでどう変わるの?

スプール ライン位置

スポンサーリンク




ベイトリールのライン、どこまで巻きますか?

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

暖かくなり始め、管理人が住む地方でも桜ですね。

それに合わせたように管理人の活性も上がり始め、ベイトリールラインなんぞも巻き替えたりしています。

その中で、良く思うのがスプールのどの位置までラインを巻こうか

なので、今日は「スプールのどこまでラインを巻くのがベスト」なのかを考えてみようと。

コレで体感できる違いが出るか知りませんが、興味がある方は是非最後まで。

スポンサーリンク

ベイトリールのどこまでラインを巻けば良い?

スプール ライン位置 イメージ

さて、ベイトリールのラインの話ですが、いったいスプールどの辺りまで巻けばいいのでしょうか。

コレも人により基準がまちまちな話題で、極端に少ない人から、管理人みたいにスプールリムいっぱいに巻く人までいます。

ラインの浮き上がり方だったり、サミングの方法だったり、考える方向性でがらりと変わるラインの巻き位置。

出会ったとある人は、かなり少ない

それはスプールリムでサミングするのと、スプールを速く回したいからと話していました。

おいおい、器用だなと思いつつ聞いていましたがね。

その他には、経済面を配慮してベイトリールラインキャパ通りのラインを買う人などもいた。

と言うように聞いてみると十人十色な話題で、結構聞き入り参考になったりする。

ちなみに管理人はスプールリムギリまで。

メリットとデメリット

メリット

ライン少ない派
  • キャスト中にラインが少し膨らんでもフレームい接触しない
  • 無駄なくラインを巻く事ができる
  • 軽い力でもスプールが回りやすい

スプールリム近く派
  • 回転の持続性が良い
  • サミングが行い易い

デメリット

ライン少ない派
  • 回転の持続性が悪い
  • サミングがやりにくい

スプールリム近く派
  • バックラッシュ時にラインがフレームと接触して切れる
  • 下巻きが割とメンドクサイ
  • ラインが浮きやすい

なぜ管理人はスプールリムギリギリまで巻くのか

スプール ライン位置 巻きすぎ

実際ラインを巻いていて多すぎやろって思う時もあります(笑)

でもスプールリムぎりぎりまで巻いた方が、スプール回転する持続性初速終速が穏やかでコントロールがしやすいと。

大きなコマと、小さなコマ

大きなコマは、回すのに力が要りますが、回り始めたら穏やかに長く回り続ける

一方小さなコマは、軽い力で回り始め、早く最高回転数に到達しますが、それ弱まったらすぐに止まる

管理人のスプールの回転対する考え方も似たようなもので、大きなコマイメージしています。

重心を外に持っていき、遠心力をも使おうって魂胆で。

少しでも飛距離に繋がれば良いな少しの期待と(笑)

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、ベイトリールのラインをスプールの「どこまで巻くか」についてでした。

結局これも、どれが良いかはあると思いますが、好みで変わる話題ですね。

ちなみに管理人は、ラインを親指の腹サミングします。

ラインが少ないと変なトコロスプールリム指が接触してかっくんブレーキになったりし手非常にやりにくく感じました。

皆さんも「自分はどんなタイプだろうと」

っと視線を変えて試してみる新たな発見があるかもしれませね。

管理人のテキトー

管理人

本当はスプールリムから1~1.5ミリ位が良いんでしょうね。

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク