【グラブ】シャッドテールの勢いに身を潜めるが、まだ釣れるワームとして生きている!

スポンサーリンク




最近の若い子ってグラブって知っている?

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

クラブじゃないよ。グラブだよ。ワームのね。

ここずっとシャッドテールピンテールの影に身を潜めてしまったグラブ。

なんですが、釣れるワーム鉄板であり、管理人の中で思い出深いワームでもあります。

そんな今日は、グラブにファクターを当ててみたいと思います。

興味がある方も、ない方も是非最後まで。

スポンサーリンク

その釣果はいまだ健在のワーム「グラブ」

グラブ イメージ

一昔前の釣り人だったら誰もが知っている鉄板であったグラブ系ワーム

その中でも、圧倒的存在だったゲーリー4インチグラブ

巻くだけで本当によく釣れた魔法ワーム

ですがここ近年、シャッドテールワームの成長や人気が著しく、

シャッドテール>>>>>グラブテール

圧倒的シャッドテール構図となっています。

それにより、グラブ系のワームをリリースするメーカーも少なく、すっかりと身を潜めていように感じる。

だからどうこうって訳は無いですが、少し寂しかったりも・・・

グラブの管理人的な考え方は、シャッドテールの少し弱い版と思い時より使います。

リグは、ノーシンカー、スイムジグ、ネイルリグ、チャター、ジグヘッド単体などとかなりオールマイティーに使います。

最近は、使う人が減ってきたので、逆に有効な手段とも思ったり。

釣れるグラブとシャッドテールの違い

釣れるグラブ

王道のゲーリーグラブ
ゲーリーヤマモトを代表する名作ワームでもあります。

ノーシンカーが本当に強い。

一誠 パラグラブ

細くて長いシルエット。

ジグヘッドで少し深めを狙って使っています。

あとライトテキサスね。

ジャッカル リズムグラブ
食わせ系グラブ。

カーリーテールのように長いテール特徴的

番外編 デプス デスアダーグラブツインテール
パイルドライバーカウンターなどのネジネジでウエイト付のフックでリリーパッド水面まで伸びたリリーパッドの上を巻いてくると豪快に魚が飛び出してくる

シャッドテールとの違い

グラブ シャッドテール 違い2

グラブは、一誠のパラグラブ、シャッドテールは同じく一誠のキャラメルシャッド3.5。

グラブ シャッドテール 違い

明らかに違いますね。

泳がせたらそうではないが、グラブリング部分が、フォルムとは似ても似つきませんね

グラブとシャッドテールの需要の差

グラブ シャッドテール 需要の差

なぜグラブ系よりシャッドテールなんでしょう。

全国的に見たらステイン~マッディウォーターフィールド多いから、撹拌力強いシャッドテールなんでしょうか。

そして、クリアレイクまでになると、グラブよりナチュラルさに長けているピンテールが求められるのか。

はたまたグラブの水押しナチュラルさなどと多くの項目がドセンターすぎて、器用貧乏的な存在なのか。

いやっ

そんな事より、形状のカッコよさ

グラブのテールのダラーン感より、シャッキリとしたテールのシャッドなのか(笑)

とまー、シャッドテール>>>>>グラブテール構図変わらないでしょうね。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今回は、グラブ系のワームもまだ釣れるよ!!的な記事でした。

パラグラブもそうすが、ゲーリーグラブなどもテール根元から千切って使うアレ。

そう。イモグラブ

グラブは釣れなかったらイモグラブにして使う事もできるのも良い。

そして、これまたイモグラブ釣れるんですよね。

バス達はあれが何に見えるんでしょうか。

管理人のテキトー

管理人

ゲーリーグラブ、20本入っているけど、小学生時代は高級で使えなかった想い出が。

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク