【ネコリグストッパー】ワームの身切れ対策は、チューブ?Oリング?それともスプリング?どれが良いのか!

ネコリグ 身切れ対策 キャッチアイ

スポンサーリンク




ワームの身切れ防止策はどのタイプ?

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日は小ネタ

ネコリグをする時、ワーム身切れ対策はしていますか。

これも、やる、やらない人それぞれです。

そして様々対策品売っていますが、何が良いのか考えるのも面倒だったり(笑)

なので管理人的オススメ紹介できればと思います。

興味がある方は是非ご覧あれー。

スポンサーリンク

ワームの身切れ対策(ネコリグ)

ネコリグ 身切れ対策 イメージ アノストレートメガミキ、その他ロングワーム重たいネコリグワームを使っている人は、対策バッチリでしょう。

ネコリグをする時のワーム身切れ対策

ネコリグは釣れる反面キャスト勢いワームが切れて飛んでいきやすいですね。

そうなるとワームはもったいないし、アレコレや・・・

けれど魚は釣りたい矛盾・・・

なので管理人は、ここ何年か、ネコリグする際、特に3インチ以上のワームには写真のような、Oリングなどで身切れ対策をしています。

実際には、刺す方向Oリングチューブ系熱収縮チューブ使い分けています。

ぶっちゃけ、そんなん付ける付けない、やるやらん、どっちでも良いと思いますが・・・

オッサンになるにつれケチ臭くなってきたというかなんというか(笑)

ストッパー種類とオススメ

種類

ネコリグセッター(サワムラ)
収縮チューブ
ネコリグマスター(グラン)
ネコストッパー(BASSMARK)
アミストッパー(ハイドアップ)

オススメ

Oリング
サワムラ ネコリグセッター

Oリングはサワムラネコリグセッター

コレが1番便利手早いすね。

このネコリグセッター自体をポケット、もしくはカバン忍ばせておくだけでオッケー。

変えのOリング自体は、その辺で売っている汎用Oリング代用する事で節約もできる。

チューブ系
熱収縮チューブ

次はオススメは、チューブ系。これは定番安定ですね。

G7ワームプロテクトチューブ収縮チューブ系が良い。

専用工具ライターなどが必要でメンドクサイですが、強度ともに安心して使えます。

スプリング
ネコパンチ

最近アリちゃうかなと。思っているスプリング

セットもメンドクサイですが、安心感ワーム内隠しこめるので、Oリングやチューブ系より、違和感少ない気がします(笑)

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、ワームの身切れ対策、特にネコリグ時における用品管理人のオススメを紹介しました。

  • 一番はOリングがオススメ
  • 実績はチューブ系
  • 大穴はスプリング
  • ストッパー的なモノは多く存在

んな感じかな。

チューブ系はフックもしっかりとホールドされる。

なのでシェイク強さ逃げが少なく、しっかりとワームまで行き届くのも良い点でもありますね。

そして最近の注目スプリング用途違うんですが、ネコパンチがワームへ付ける付けやすさなんぞ良い感じ

フックのホールド力

ただ、Oリングやチューブよりも少し高価になる点がアレですが、試す価値あり

管理人のテキトー

管理人

ゲーリー系のワームは釣れるけど、身切れが難点するので対策必須ですね。

でま、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク