【便利用品】ダイワ簡単おまつりほどきを使えばラバージグやジグヘッドのワームが真っ直ぐセットできる!

ダイワ簡単おまつりほどき キャッチアイ

スポンサーリンク




使って損はないぞ!!きっと(笑)

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日は便利用品の紹介。

ちょっとした小ネタですが、これをすることでラバージグジグヘッドワーム真っ直ぐセットしやすくなります。

シビアの状況下だったら少しの歪みも尚更気になりませんか。なりますよね。

なので興味がある方は是非最後まで。

それで釣果が変わるかもしれません。

スポンサーリンク

便利用品「ダイワ 簡単おまつりほどき」

ダイワ簡単おまつりほどき イメージ

ジグヘッドやラバージグにトレーラーを綺麗に真っ直ぐセットするのって難しくないですか?

針が真っ直ぐならなかったり、歪んでしまいがちですね。

そんな時はコレですよ。お客さん(笑)

ダイワ「 簡単おまつりほどき」

ようはラバージグやジグヘッドのフック通るトコロ下穴を開けてしまうんですよ。

アイスピック先端とがっている物だったら良いんですが、簡単おまつりほどきは先端が隠せるので持ち運べるんですね。

そして先端の太さちょうど良い

管理人は、裁縫道具のマチ針安全ピンでやっていましたが、針先ちょっと細い

そんな時に村上晴彦プロがこれを使って、キャラメルシャッドやギルフラットにネイルシンカー入れる為下穴を開けていたのを目撃して、ラバージグやジグヘッドにも良いと思ったんですね。

ちなみに動画内で使っているのでまだ見ていないかたは動画を漁りに行ってください。どこかで使っています(笑)

ディテールと作業工程

ディテール

収納時
ダイワ 簡単おまつりほどき 収納時
使用時
ダイワ簡単おまつりほどき 使用時

作業工程

ダイワ 簡単おまつりほどき 作業工程

作業工程って・・・(笑)

作業工程っていう程でもなく、簡単おまつりほどきの先端をワームセンターブスリっと。

フックへ装着

あとは開けた下穴フック通すだけで

ハイッ。完成。

ですが、この時に注意点もあります。

このていのフックにワームをセットする時の基本ですが、ワームフックに押し入れるのではありません。

ワーム持った位置である程度固定します。

そしてフック手に力を入れフックワーム通していくイメージセットすると真っ直ぐ綺麗に付きます

ワームへ目印

ちなみにフックの先端出す位置に、目印、切れ込み水性ペンを付けると、尚セットしやすいでしょう。

まっ皆さん知っているか(笑)

気にならないつもりでも気になりますね

ジグヘッド セット

フックにワームが綺麗にセットされているか・・・

まっすぐ刺したつもりでも微妙に歪んでいたり、メンドクサイからテキトーにセットしてそのままとか。

釣れている時それでイイかもしれませんが、いざという状況でこういうのが気になります管理人はね・・・

特に寒い時期になってくると。

ワンバイトあれば良い時期に、その少しの違いバイトが出ないとなったら悔しくないですか。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、ジグヘッドやラバージグにワームをセットする際に、使うと真っ直ぐセットできる便利用品「ダイワ 簡単おまつりほどき」とその使い方の紹介でした。

  • 下穴を開けると良い
  • ダイワ 簡単おまつりほどきがオススメ
  • ネイルリグの仕込にもいい
  • メンドクサイけど真っ直ぐ

んな感じですかね。

少しの工夫バイト増えたり釣果アップ繋がるかもしれませんよね。

特にジグヘッドのミドストとかもワームが真っ直ぐそうでないかでアクション影響しそう。

メバリングとかのワームの大きさになれば、フックいからマチ針でも十分ですが、ワームが大きくなればなるほどフックの軸太くなり刺しにくくなりますからね。

管理人のテキトー

管理人

綺麗に付けれる人がうらやましい(笑)

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク