これが一番いい方法か?とあるスイムベイトのフックを固定する方法を試してみる!

スイムベイト フック固定

スポンサーリンク




スイムベイトのフックはどう固定する?

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

スイムベイトのフックを固定する方法を検索していみたら皆さん工夫して固定していますね。

管理人もずっとやりたいスイムベイトのフックを固定する方法があったので試してみました。

なかなか良い感じだったので紹介しようと思います。

興味がある方もない方も最後までドゾー。

スポンサーリンク

スイムベイトのフックの固定を工夫する

スイムベイト フック固定 イメージ

スイムベイトのフック固定する方法って、殆どがトリプルフック1本スイムベイトボディ突き刺すってやり方でポピュラー

ですが、この方法ってスイムベイトのボディ裂けたり緩くなってフック収まり悪くなったりもしちゃいます。

その他には、ネジの先磁石を付けてネジを埋め込むや、フックが刺さる所にチューブ通しておくだとか様々な固定方法があり、人それぞれの工夫も見られます。

スイムベイト フック

その数ある中から管理人は、フックにキーパーを付ける

そしてそれをスイムベイトのボディに突き刺し固定するっていう方法を選んでやってみました。ってかずっとやりたかった。

メリットは、

  • トリプルフックの針先全てを有効につかえる。
  • フックの固定され具合、魚が食った時にスイムベイトのボディからのフック離れの良さなどのバランスが非常に良い。
  • スイムベイトの破損もフック地下刺しよりも抑えられる。

デメリットは、

  • トリプルフックの針先のどれか1本がボトム方向に向くのでスナッグレス性に欠ける。

って感じの事が挙げられます。

というか自作なので好み調節できちゃいます。

フックキーパー制作と工程

準備物

必要工具
  • ステンレス針金
  • 専用ニッパー
  • ペンチ
  • ボンド(アロンアルファなどの柔らかいボンドがオススメ)

ステンレス針金は0.4~0.8mm位がベストでしょうか。

管理人は0.8mmで作りましたが、もう少し細くてもイイかと。

実際にザップのヒッチフックはもう少し細い感じがしました。0.6mmとかでしょうかね。

工具的には、ステンレス針金切ったり云々するので専用ニッパーだったりを使った方がオススメ

安いニッパーでステンレス針金を切ると歯が負けて何本あっても足りません(笑)

なので管理人も良いニッパーを買いました。

作業工程

作業風景
  1. ステンレス針金でイイ感じ形を机る
  2. それを糸を使ってフックに巻く
  3. 巻いた糸にボンド(アロンアルファ系)を染み込ませる

細かい作業っていう事だけでやること自体は単純で簡単ですね。

フックが簡単に抜けにくくなるように作る、いわゆる返しですか。

フックキーパー形状

この形状が、ポイントですね。

フックの固定の強さ、フック離れの良さなど好みの形状を煮詰めてください。

フック シンメトリー

あとはフックのシンメトリー、形状を見極めバランス崩れない方向キーパーを付けて糸でグルグル巻きでイイ感じにするだけ。

やはり身切れか

スイムベイト フック 固定

スイムベイトのフックを固定する位置の身切れ裂けはやっぱり避けられない宿命なのでしょう。

フックの地下刺しでも、ネジ磁石でも、このフックキーパーでもある程度は避けられない・・・

スイムベイトに補修は付き物と少し考えた方が気が楽かもしれませんね。

もし修正が必要になった時は、ワーム補修力定評がある「セメダイン/スーパーX2 クリア」ちょちょいっとしておいたら良いでしょう。

まぁどの方法でも、その裂け身切れ小さくなる固定方法セレクトすれば修正回数も少なくできスイムベイトも長持ちさせる事ができるでしょう。

きっとね。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

今日は、管理人が選んだスイムベイトにフックを固定する方法とその作り方を紹介しました。

  • ステンレス針金で自作
  • フックの固定力、フック離れ良し
  • どの方法よりもスイムベイトの破損が少ない(たぶん)

んな感じでしょうか。

少し前にネジの上に磁石を貼り付けてそれをスイムベイトに埋め込むネジ磁石も、試みた事もあるんです。実は。

そのネジ磁石は、キャストした勢いフック動きやすかったり、スイムベイトのボディ異物くっ付いている感じカッコ悪かったのでほぼ使わずに放置です。

差し上げますよ。欲しい人いますか?(笑)

管理人のテキトー

管理人

見栄えもカッコ良く行きたい。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク