【ネコシュリンプ】そのエスケープアクションはもはやテナガエビ?ジャッカルから期待の新ワームが登場

ジャッカル ネコシュリンプ キャッチアイ

スポンサーリンク




テナガエビパターンか・・・

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

毎年、ガンガン新製品をリリースしてノリにノッテいるジャッカルさんですが、また新たな新製品をリリースされたそうで。

その新製品が、管理人の目に留まり、購入してみましたのでレビューでもしちゃってみます。

興味がある方は、是非最後まで。

スポンサーリンク

ジャッカル「ネコシュリンプ」

ジャッカル ネコシュリンプ イメージ

また釣れそうなワームがジャッカルからリリースされました。

その名も「ネコシュリンプ」 ワームのシルエットテナガエビイミテートされ、リグネコリグがメインとなります。

エビのエスケープアクションのイメージでハネさすことも有効でありながらも、ネコリグ従来のボトムでモゾモゾするアクションにも対応しており、使い手でいろいろ変わるワームとなっている。

また、ネコリグと言えば、フォールから着底釣れる要素の1つですが、ネイルシンカーのセット位置を変える事で垂直フォールスライドフォール2パターンを任意でセレクトできる仕様となっている。

ちなみにメーカーの触れ込み的に「休日に釣り勝つナチュラルソフトベイト」とされています。

そんなん期待しちゃいますよね。

スペックとディテール

スペック

  • ネコシュリンプ
  • 5.3インチ=13.462センチ
  • 約8グラム(自宅計測)
  • 6本入り
  • 8色
  • 850円(税抜)

ディテール

全体
ジャッカル ネコシュリンプ 全体

全長は5.3インチ

重量の方も約8グラムと結構な重さ。ソルト、塩ですね。これも結構な量が配合されていそう。

揉み揉みしていたら表面から出てきます。

Oリングポイント
ジャッカル ネコシュリンプ Oリングポイント

Oリングのセットポイント。

テナガエビのエスケープアクションを常に安定した状態で演出できるようにか、セットポイントまで分かりやすくなっています。

裏側
ジャッカル ネコシュリンプ 裏側
触手、尾毛
ジャッカル ネコシュリンプ 触手

この小さい触手はアピールが少なそうに見えますが、これがフォール時バイブレーションしてバスにアピールする。

水をかくような設計となっています。

ジャッカル ネコシュリンプ 尾毛
シンカーポイント
ジャッカル ネコシュリンプ シンカーポイント

スライドフォールセッティングのシンカーセットポイント。

セットするポイントの目印はありますが、カラーによって分かりにくかったりもします。

1ミリ位ヘコんでいます。

ジャッカル ネコシュリンプ シンカーポイント2

垂直フォールセッティング。

比較的セットはしやすい物のキャスト時に抜けやすそうな感じがします。

オカッパリのフルキャスは何投耐えられるかって感じですね。

フックポイント
ジャッカル ネコシュリンプ フックポイント

フックはリューギのタリズマン#2

近くにあったやつをセットしてみましたがちょうど良い感じのサイズではないでしょうか。

アクション

名前がネコシュリンプだけに1番注目したいリグはネコリグでしょう。

とにかくフォール時に震える手がいい感じです。垂直フォール時もストンと落ちますが、小刻みブルブルと震えています。スライドフォール時は垂直時よりも大きくムチのようになびく感じで震わしているのが伺えます。

ボトムからハネさせた時のボディ曲がり具合やスピードはまさにテナガエビのエスケープアクションそのもの

そして、ネコリグに注目してしまいがちではありますが、意外にジグヘッド大きく余韻があるアクションいい感じ

これはこれでアリ。そこまで大きくアクションを付けないフワ釣りでも効きそうです。

まとめ的なアレ

まとめ的なアレ

いかがだったでしょうか。

今日はジャッカルの新製品「ネコシュリンプ」についてでした。

  • 垂直フォールとスライドフォールのパターン2
  • ダウンショットがメインのワーム
  • テナガエビそっくりのエスケープアクション

んな感じですね。

んーワームの自重が8グラムとそこそこなので、気持ちよく使うのならベイトフィネスタックルベストマッチでしょうか。

管理人的にはPEスピニング、PE1号に1.5号~2号位のリーダーでロッドは震斬系ですかね。

んーでも久々にベイトフィネスでもやってやってみようかな。

管理人のテキトー

管理人

どれもこれも初回ロットは少ないね。

では、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク