ジャッカル新作!艶めかしく動き、魚を魅了するビックベイト「GANTIA/ガンティア」

スポンサーリンク




 

少し前の話になりますが、2016年ジャッカル新作期待のビックベイト「ガンティア」を購入し、実際に現場で浮かべて使ってみましたよ。
「動きの艶めかしさ」「ルアーの集魚力」などに驚かされました。

「GANTIA/ガンティア」を見ていきましょう。

gantia1

トップルアーメーカーのジャッカルの2016年ニューモデルの多連結ビックベイトですね。
ミドルベイト?スモールベイト?最近のビックはとんでもなく大きいので住み分けがわからなくなってきています(笑)

カラーラインナップに忠実に再現されたリアルカラーも何種類かラインナップされておりカラーバリエーションも豊富でどれにしようか迷いますね。管理人的にはセクシークリアピンク、RTゴーストウロコワカサギあたりが好みかな。

ルアーの特徴は

gantia2

■4連ジョイントボディ
■ボディ上部と下部のアイ
■リップレス
■リアルカラー

魅せて食わせる。ナチュラルアクションを追及。

4連ジョイントボディのリップレスビッグベイト。可動域を大きく設計したジョイント部のひとつひとつが、しっかりと水をつかむことで生命感に満ちあふれたルアーアクションを生み出します。浮き上がりを抑えたサスペンド設定で、一定レンジを超デッドスローで誘うことが可能です。さらに、ステイからトゥイッチを加えれば移動距離の少ない首振りアクションでピンスポットでの誘いまでこなします。ボディの存在感とアクションの艶めかしさでバスを魅了し、浮かせて口を使わせてしまうのが “ガンティア180″ の持ち味です。ルアーを見切られやすいクリアな水質のフィールドでも、その威力を発揮してくれることでしょう。

 

via:JACKALL

 

gantia4

実際、計測したルアーの重さは52.5グラム、オンスで換算してみると約1.9オンスです。公表されているスペックとほぼほぼ変わらない結果になりました。

■スペック(2016年 7月現在)

・サイズ:180mm
・重さ:52g
・仕様:サスペンド
・フックサイズ:#1
・本体価格:3,980円(税抜)

チャートバックパール
HLチャートストライクギル
CTウロコホロ チギル
ウロコホロ ダイイングブラック
HL若ハス
セクシークリアピンク
時雨ブルーナチュラル
RTゴーストウロコワカサギ
RTセクシーパールアユ
RTラージーマウスバス

ガンティアを実際に使ってみた感想は

gantia3
パッと見たルアーの形状から「S字系」の動きかと思ってしまうかと思いますが、違います。
ウエイキングとでも言うのでしょうか。左右にゆらゆらと艶めかしく動きます。トゥイッチするとガンタレルみたいにテーブルターンもこなします。

実際に発売されて小場所で使ってみたんですが、ワラワラと40cmから50cmクラスのバスが何処からともなく湧いてきて、ルアーの持つ集魚力には非常に驚かさ、力不足でバイトまでには持ち込めませんでしたが、使い方によってはかなりの武器になると思いました。
動きの質には違いはありますが、S字形ビックベイトで一世を風靡したジョインテッドクローの集魚力に近いものを感じました。胸ビレの位置にあるフィンが効果とヘッド上部の水押し影響かでリトリーブすると若干潜ります。
また、上部のアイにフックをセットして、普段スナッグレス性のいい物で攻める場所を攻めたり、ボトムステイや冬のデットスローにも良いのかなと考えてみたり。早いリトリーブでサーチベイト的に使用し、アタックしてくるバスにはステイからのトゥイッチでリアクションバイトに持ち込むのも面白そうですね。(妄想)

ルアーの基本セッティングがサスペンドとなっているので自分でウエイトシールを使い状況にマッチするよう、セッティングするのも面白いでしょう。一つのルアーで幅広い使い方ができ自分の使い方を見いだせるルアーだと感じました。

リアルカラーの市場が熱い?

最近、結構な勢いでルアー市場にリアルカラーが出てきますね。ナチュラルカラーが大好きな管理人にとっては嬉しいですが、手に入りにくいのは玉に傷だと思います。また、3Dプリンター共にプリントするという技術の進歩、プリンターの進化は目に見張るものがありますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク