今までにない機構を持ったスピナーベイト「D-SPIKER/ディースパイカー」

スポンサーリンク




ボーッとしながらネットニュース見たり、ユーチューブやニコニコ動画・生放送なども見たりするのが好きです。
こんにちは、そんな管理人です。

DSTYLE初のワイヤーベイト「D-SPIKER/ディースパイカー」

D-SPIKER02

「D-SPIKER/ディースパイカー」とは、日本のトップトーナメンターである青木大介プロが生み出した自身のブランドでは初のワイヤーベイト。
バサーオールスタークラシック2015年での優勝を収めた時にも投入していたみたいでルアーの実力は証明済である。昨今、さまざまなメーカーから沢山のスピナーベイトが売り出されているが、どのようにその存在を示すかすごく気になります。

管理人は、たまたま立ち寄った釣り具屋さんに売ってたので購入しました。まだ泳がせてはおりませんが・・・
発売当初オークションでは若干値上がりしていたようで(苦笑)人気メーカーの証の1つでしょうか転売は。
ちなみに「D1/ディーワン」や「TORQUEE STRAIGHT/トルキーストレート」でもお世話になっているので期待しています。

スピナーベイトって・・・

不思議な形だと思いませんか?
でも、これがすごい効くタイミングがありますね。
小さいサイズから大きなサイズと幅広く魚を呼んできてくれ、ストラクチャーをタイトに攻めれる。ストラクチャーにヒットさせて口を使わせたり、リーリングスピードの変化で深場から表層まで引けるマルチなルアー。

やる気のある魚のバイトが多いので、アタリの出方もしっかりはっきりしていて釣りをしている感がとってもあります。
また、釣りを初めてする人や初心者の方に使わせたいルアーの1つでもあり、状況を問わなくても釣れることがあるのもしかり、そのバイトの出方や「釣れた」ではなく「釣った」を味わってほしいからです。沢山投げてリールをグリグリ回し、またキャストする。これも一つの釣りの醍醐味だと思います。

特徴は?

最大は特徴と言っても過言ではないでしょう・・・

「可動式のアッパーアーム」 D-SPIKER03

これにより、フッキング率の向上、安定した飛距離、フォールからリトリーブといかなる状態でもブレードが回り続けるなど。様々なメリットが生まれたようですね。
今までにない形のスピナーベイト、新たな使い方が生まれるかもしれないのと、他とは違う波動にも期待して使ってみたいと思います。

■スペック(2016年 8月現在)

・ワカサギ
・ブラウンシャッド
・ブラックブルーバック
・ギル
・アユ
・パールブラック
・チャート
・キンクロ
※3/8oz(10.5g) 1/2oz(14g)
Feco認定のマークもありますので、チャプタートーナメントなどの切り札の一つとなる存在かもしれませんね。

バサーオールスタークラシック2014と2015の連覇と2016ゆくへは?

上記でも触れたバサーオールスタークラシック2015ですが、2日目に6010gというビックウエイトを持ち込みぶっちぎりで勝利を収めた。
2570gのモンスターでビックフィッシュ賞も獲得して、なにより2014年、2015年と連覇を成し得ている。
ちなみに、2014年は6420gで2位は6300gと接戦で制している。
1986年の初開催から30年を迎えた2016年の今年、記念すべき大会になるであろう年の優勝の行方はどうなる事でしょう?とても楽しみです。

管理人は
「現地の熱気はすごいんだろう」と指をくわえながらとネット放送で見ていました(笑)
ここ数年でネットでの動画や生放送が流行っていますね。地上波の放送よりネットで見てる時間の方が多いと思うのと、思った時にすぐ調べたりできるパソコンのが便利ですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク