ワカサギパターン!?冬でも釣れる!G.C WAKA-PEN90/ワカペン(一誠)

スポンサーリンク




バラエティやドラマも好きですがニュース番組がもっと好きな管理人です。見る物が無ければとりあえずニュース。スポーツ情報・経済情報・芸能情報など何でも見ています。おそらくガチャガチャうるさ過ぎず、ゆっくり見れるのが良いのでしょうね。
こんにちは、管理人です。

琵琶湖のワカサギにピッタリサイズな「G.C WAKA-PEN90/ワカペン90」を一緒に見てみましょう。

wakapen1

言わずと知れたルアーデザイナーの村上晴彦さんがデザインしたルアーですね。村上晴彦さん・・・あの世界観好きなんです。
常吉リグ(ダウンショット)やネコリグなど、今ではリグの代名詞ではないでしょうか?常吉時代では、ハスペン、ハスハグ、ハスバズなどのペンシルベイトがありましたね。人気ルアーだからなのか、釣れるからなのか、レアだからなのか分かりませんが、カラーによっては今でも結構なお値段で取引れています。使いたいと思いオークション見ていたら驚くほどの値になっていました。

それはさて置き、ワカペンももちろん買いました。ワカサギとハスカラーを。実際に使用もしたのでよかったらご覧ください。

「G.C WAKA-PEN90/ワカペン90」の特徴

wakapen2

■ワカサギが接岸する冬でも釣れるペンシルベイト。
■「誰もが簡単にバイトを誘発する」アクションを再現しやすい
■ルアーのサイズからは想像がつかない飛距離(ルアーサイズ:90mm/約10g)

アクションは、一定のリズムで操作するだけでダイブとボディーを捩りながらのドッグウォークを不規則にしてくれる。ボディには、重心移動も組み込んであるみたいですね。
重心移動のウエイトボールを固定でさせない事で、ロッドから動きが伝わった際にフリーのウエイトボールが移動しイレギュラーアクションを演出させてそうですね(←これは管理人の想像)
トップウォーターで、ルアーの腹部から背中、ボディの下から上の方へウエイトボールが移動する重心移動は特徴的だと感じました。
また、カップ形状をした口もおちょぼぐちで印象的。ポップ音やスプラッシュ、泡、水かみなども考慮してデザインされてそうですね。ビビビ虫やポッパーワームでもポップ音やスプラッシュ、泡などでアピールできるならではのデザインとなっていますので。

wakapen5

なぜ冬でも釣れるの?

冬でも釣れるペンシルベイトとうたわれていますが、なぜでしょう?

管理人的にですが、マッチザベイトような気がします。
ワカサギが産卵を意識してくる冬、寒く低活性でも捕食行動はあると思うので、逃げ場が少ない浅場とか格好の狩りスポット。トップウォーターとかすでに水面に追い込まれた状況なので無駄な体力を使わずに餌を食える行動をとる。と勝手に考えています。また、ワカサギ釣りで釣れたワカサギともほとんどピッタリなサイズだったのもあります。

ちなみに落ち鮎の季節もデッドスティッキングや弱った鮎をイメージしてのアクションも良いのではないかとも考えます。
バスは落ち鮎は食わないなどとも耳にしますが、力尽きて浮いているのを片っ端から食べて言っているのを見かけたのでそう思います。本当にそれがバスだったのかと言われると自信はありませんが(笑)
産卵をして落ちてきた鮎は痩せ細って栄養価が低いんのは確かですが。こういうのは答えがないと思うのでかしこい人教えてください。

wakapen4

実際に使ってみて

下記のタックルセッティングで使用しました。
本当にアクションがしやすい。一定のリズムでリーリングとロッドワークをしていればドックォーク+ダイブを不規則にしてくれ、ドッグウォーク、ドッグウォーク、ダイブ、ドッグウォーク、ダイブ、ダイブみたいな感じです。ルアーが踊ってくれているというかなんというか。アクションに対してのストレスも無く使っていて楽しいルアーのような気がしました。
どのルアーでも気になる飛距離ですが、風の抵抗も少ないボディ形状なのでキャストでもルアー重量の割には気持よく飛びます。

タックル

白震斬
イグニス2506
PE 0.6号
リーダー:フロロ1.5号

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク