難しいPEのノットはこれでバッチリ!

ノットアシスト キャッチアイ

スポンサーリンク




やーまん。

はいはい、どーも管理人です。こんにちわ。

今日、インフルエンザの予防接種をしてきました。
インフルエンザの注射した場所って揉んだ方が良いの?揉まない方が良いの?かどちらが良いんでしょうか。昨年か一昨年に揉まない方が良いといわれて揉んでなかったんですが、なんか腫れぼったいというか、なんか嫌な感覚なんですよね。

どうなんでしょうかね?ってか今年も聞いてみよう。よしっそうしよう(笑)

そんな今日はねー、管理人がずっと使っているPEノットアシストを少しレビューしてみようかと。

PEノットアシスト2.0

ノットアシスト2.0

PEのノットって組むの面倒だし、どのノットが良いかわからない。管理人もそうでした(笑)

根掛かりした時にリーダーから切れてくれると良いんですが、多くの場合はPE本線や結び目近くできれます。こういうので集中力切れたりしますよね。いいブレイクタイムになったりもしますが。

管理人は

ノットとPEとリーダーの太さ、強度のバランスで極力リーダー側で切れるようなセッティングをしています。ノットも現場で組むのと、自宅と組むので、使い分けもしてます。

PEとリーダーのバランス

管理人の場合は、0.6号と0.8号の出番が多いです。

PE0.6号でリーダー0.8~1.5号まで
PE0.8号でリーダー1~2号まで

ちなみに漁港でのライトロックは
PE0.3号にリーダー0.6~1号くらいまで

上記くらいのセッティングで使用しています。リーダーのポンド数がPEラインを上回らないくらいが目安でしょうか。あとは実際に使ってみてカイドの抜けや、使い勝手の好みですね。

エギングでPE0.6号で1.7号を使いたいと思うと時があって使ったんですが根掛かりした時にやっぱりPEから切れる事が多い気がします。

自宅ではノットアシストを使ってFGノット

ノットアシスト 1

編んだ感じ

ノットアシスト 2

PEとリーダーのハーフヒッチ

ノットアシスト 3

仕上げのPEとPEをハーフヒッチして完成

自宅で余裕がある時はノットアシストを使ってFGノットを組んでいます。

これを使ったり、ノットを覚えたことでPEでの釣りが億劫じゃなくなったのとPEを使った釣りの楽しさがわかりました。わかったというか使用頻度がかなり増えた気がしますね。

簡単で手軽で便利の3拍子(笑)

使い方などは動画などあるので各自でググってねー(笑)

現場ではノーネームノット

現場で組む事はほとんどないですが、現場で組む時はノーネームノットを使います。

比較的簡単に早く組めてそこそこ強度があると思ってます。ただ管理人の組み方が上手くないのと研究が足らないせいで若干曲がるのと、結びの一番大きいコブの表面にリーダーの素材(ナイロンかフロロ)がきてしまうのでなんか不安というかなんというか。

ですが、実用的には問題なく使えますね。

ググってもらえれば田辺プロが解説しているのやいろんなのがあるので良いやつを参考にしてみてください。

PEの感度、伸びの少なさが釣りを面白くさせる

ノットアシスト キャッチアイ

スピニングの釣りはほぼほぼPEです。バカの一つ覚えでしょうかね(笑)

魚がルアーを触った時の鮮明さ、ボトムやストラクチャーにタッチした時の感度や飛距離などなどと。

ノット組んだり、合わせ切れ、ライントラブルなどのデメリットが大きいですがそれを解消する方法が見つけれたらより面白さも広がる気がします。

ベイトリールもしかり、こういった道具のセッティング出しするのも一つの楽しみ方だと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク