エギング素人がバスロッドでエギングをしてみて(笑)

スポンサーリンク




ハイサイ。

サンドイッチ?サンドウィッチ?が非常に食べたい。特に卵サンド。もうこの味は安定ですね。

ですが、我慢だ、我慢。

はいはい、どもども、管理人です。

今日は、管理人のエギングタックルについての雑記です。

エギングのメインタックルはバスロッドを使用しています

エギングロッド 1

管理人のエギングのメインタックルはダイワ・ハートランド震斬と白震斬です。

使わず眠らせてるのがもったいないような気がしたのと、どのようなエギングロッドが自分に合っているか、指標もモノサシもないゼロからいきなり専用を買うの億劫なので、今あるロッドの中から自分の手に馴染んでいるのを選択しただけ。

季節の変化で震斬から白震斬へ持ち替えた理由

エギング ロッド キャッチアイ

春と秋の初めは震斬を使っていたんですが、途中から白震斬へ持ち替えました。

隣の人が釣れて自分が釣れていない時ってありますよね?

その時にその人のアクションを見ていて白震斬のがそのアクションも出しやすそうだなとなんとなく思ったのと、単に震斬に比べグリップエンドがほんの数センチ短いからです(笑)

素人が的確な理由は出てくる訳はないよね(爆笑)

素人が比べてみたら

エギングロッドを使った事ないので何も言えないですが、人が使っているのと見比べたらバットとバット側のベリーがちょい強い感じでしょうかね。

震斬、白震斬は掛かったら綺麗に曲がるしロッドを見ているのが楽しいです。

唯一

唯一違和感というか、疑問なのか、なんか思う事は、竿なのかドラグ調整が悪いからなのかエギが立ち位置に近くなればなるほどシャクりにくくは感じます。

なんかバツンッバツンッてクッションがない感じで、あーシャクりづらいなーみたいな感じになってます。良いシャクリ方をまだ見つけられてないんですよね。

専用ロッドを使えばこういう部分が違うのかなと思うくらいで、あとは全く思う事はないというかわからない。

もしやドラグ締めすぎかな?ラインのセッティングかな?糸ふけをとりすぎている?

んーわからない(笑)

思った以上にのめり込んだエギング

エギング キャチアイ

ココまでのめり込むと専用ロッドが欲しくなったりする。

管理人はライトロックも好きでなんかヤマガブランクスにビーンっときてメチャメチャ気になってます。

専用ならカリスタ
ライトロックと兼用ならブルーカレント
バスと兼用なら2017年モデルの震斬

結局のところ、専用ロッドを買っても一巡してバスロッドに落ち着く気もしないでもないですが、使ってみてどんなのか知りたかったりする。

カリスタやブルーカレントなら8フィート5インチ位の長さのモデルを狙っていてます。今は76や74で今より1フィート近く長くなるのと、比較的胴から曲がるロッドのでキャストフィールはどんなものなんか知りたい。

隣でエギングしている人見ていたらめっちゃキャストしやすそうに、ポイっと投げてスイーっと飛んで行っていてなんか羨ましいのでね(笑)

あとは軽さ。8フィート以上でスペック上では100グラム切ったり100グラム前半の重さしかない。気にならない訳がない。

管理人のテキトー

 

管理人
弘法筆を選ばず

ここを目指していきますかー。

でも専用ロッドが欲しい。だが、しかし買う余裕なんてない(笑)

そしてリールは良いのか悪いのか淡水専用のイグニス2506TypeRを使っています。ほんとバスタックルをそのままです。

なんだかんだ小さくてもアオリイカを釣る事ができ、食して味わうこともできたので良い事にしておきます。

それでは、また。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク