本物の「ワカサギ」となるべく進化して生まれ変わったIMAKATSU「ゲキアサ2 アライブローラー」をインプレレビュー!シミーライズアップ、このアクションワクワクします!

ゲキアサ2 アライブローラー キャッチアイ

スポンサーリンク




はいさい。

MotoGPも開幕が近づいてきて色々慌ただしいですね。今年もレプソルホンダが優勢なのでしょうか?昨年から改善はかなりされたようですが、加速性能に不安があるとかないとか。

また昨年、日本のスーパーGTでもエンジン性能で劣勢だった部分もあったようであり、F1も開幕に向けたテストでも微妙な感じ。

全体通して何か関係があるのでしょうか?

各レース、ホンダがどの位置に来るのか非常に楽しみですね。日本人として。

そんな管理人です。はいはい。どーも、こんにちは。

今日はコレっ。どどどどーどん。「イマカツ ゲキアサ2 アライブローラー」
動きを見た瞬間、購買意欲に火がつきました。

イマカツ ゲキアサ2 アライブローラー

ゲキアサ2 アライブローラー 全体

昨年デビューしたリップライザー ゲキアサ 130をさらにベイトフィッシュライク、霞ヶ浦のワカサギに近づける為にサイズダウン、リアルシェイプ化。そしてゲキアサ 130譲りのタイトローリングに磨きをかけた事に加え、シミーライズアクションを取り入れたハイスペックルアー。

ゲキアサ 130は飛ぶように売れましたね。しばらくは店頭で見かける事はありませんでしたからね。
このゲキアサ2 アライブローラーもそのようになりそうな感じがしますね。

ゲキアサ2 アライブローラーのスペックと特徴、ディテール

ディテール

もう本物ですね(笑)
これ以上を求めると背中とお腹くらいでしょうか。本当、この塗装技術すごいですね。

それでは各部の写真をドゾー。

頭 リップ
ゲキアサ2 アライブローラー 正面 ゲキアサ2 アライブローラー リップ

ゲキアサ130ではコフィンリップといい、高い障害物回避能力を誇る角ばったリップでしたが、このゲキアサ2 アライブローラーでは、木の葉と言うか丸みを帯びて先端はシャープに尖っているリップ形状。ルアーのバタつきを抑制しているそうです。

ボディ 背中
ゲキアサ2 アライブローラー 上から

通常のミノーとは違い背中も結構ファットな感じで、ここで水を受けシミーライズを作り出しているのでしょうか。

また、画像でもわかるように、内部はほぼほぼ空洞。重心移動なしの後ろに固定ウエイト、前に数個の小さなラトル。

ボディ 腹部
ゲキアサ2 アライブローラー 腹部1 ゲキアサ2 アライブローラー 腹部2
テール
テール

スペック

ゲキアサ2 アライブローラー スペック
  • レングス:105mm
  • ウエイト:10.5g(3/8oz)
  • 固定重心
  • 2ブック
  • 3Dリアリズム

特徴 アクション

LureNews.TVさんから出ているアクションの映像。

タイトロールとシミーライズアクション。そう、このシミーライズアクションですよ。

見た瞬間欲しいっっっってなりましたよね。

ゲキアサ130譲りのウォブリング少なく、強烈なタイトロールからボディを揺らしながら浮上するシミーライズアクションは今までに無いかと思ってます。

バスから逃げるため全速で泳ぎ、逃げ場を無くしもがきながら水面へ浮上するそんなイメージでしょうか。

この浮上アクションワクワクしませんか?

管理人のテキトー

管理人
昨年はバイブレーションのシミーフォール。ザリバイブでかなり広まりました。

今年はシミーライズですか。ゲキアサⅡ以外にシミーライズするミノーは現れるのでしょうか。見ものです。

それでは、また。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク