【タイニーブルドーズ】デプスからリップが付いたアイツがやってきた。管理人的からみた、3つポイントを書いてみる。

タイニーブルドーズ キャッチアイ

スポンサーリンク




もう少しブログのペースを上げたいですね。なかなか体が動かんのですよ。

じじいなもんで(笑)

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日のネタは、タイニーブルドーズのついて、①アクションの違い②使う場面③カラー、この3つを書けたらと思います。

やっぱり来ましたね。管理人的にはタイニーブルドーズは嬉しい。タイニーブルドーズが、どうなるかはこちらに書いてあるので、気になる方はどうぞ。

【タイニーブルシューター】最小か?デプスからリリースされたギル型ルアーが、店舗でも通販でもなかなか買えない。

デプス ブルドーズ

タイニーブルドーズ 全体

言わずと知れてますよね。これも。

ブルシューターの従妹あたりの存在でリップが付いているやつ。リップが付いているだけで、これでもかというくらい違うルアーになっています。

そして琵琶湖と言えばギル。

デカバスと言えばギル。

ですが琵琶湖では、ギルがかなりの減少傾向にあるが、バスの遺伝子の中にはギルがエサや、敵などは必ずあるのでギル型ルアーが絶えない理由でもあると思います。

タイニーブルシューターの3つ

①アクションの違い

タイニーブルドーズとタイニーブルシューターアクション違い

タイニーブルドーズとタイニーブルシューターのアクションの違い。

ブルドーズは、タイトなウォブリング系のアクション。対してブルシューターは、右に左にと少しのロールを加えながら大きく蛇行。いわゆるS字系。

リップがある、ないで同じギル型ルアーでも全く違います。

②使う場面

アクションが違えば、使う場面も違ってきますね。

タイニーブルドーズは、リップが付いているということでストラクチャーとのコンタクトに強い。だからよりタイトにストラクチャーが絡む個所で当てたりして使うことが多いですね。クランクなども何かにヒットした瞬間や、それで気道が変わった瞬間にヒットします。

そしてバスとストラクチャーとの距離が近い場面は、どちらかというと濁っている水質。琵琶湖でいえば南湖寄りがセオリー。

ちなみにタイニーブルドーズは1.3メートルくらいまで潜ります。リップ系のルアーは、最大深度は決められていますが、機械的にそこまでは潜るから安定する気がしますね。

③カラー

そして色。ギル型ルアーだけにリアルなギルカラーを使いたくなりますね(笑)

管理人もそうです。でもなかなか手に入らないのも事実。なので今回は、フナ系を購入。

フナもフナでしっかりとしたベイトであり、よく冬とかに引っかかってきませんか?

よーく考えたら、ギルカラーに踊らされてしまいますが、これもアリなんですよね。

スペック

  • タイニーブルドーズ
  • 全長 100mm
  • 重さ 3/4oz(約21g)
  • 定価 ¥2,800-(税抜)
  • ラトル入り
  • 9色
  • 2020年11月 発売
  • フック(前/後) #5/#5

ディテール

タイニーブルドーズ リップ

リップがあるかないかが別物のルアーに。

タイニーブルドーズ 腹ビレ

腹ビレはブル系どのシリーズも同じのPVC。このルアーの象徴みたいなもんですね。

タイニーブルドーズ 尾ビレ フック

尾ビレとフック。サイズは#5。この色的に錫メッキ系のフックでしょうか。

タイニーブルドーズ 背中

背中の後ろから。とてもスリムで、腹ビレのピョンって感じがなかなか可愛い(笑)

このような使い方もあり?

琵琶湖 プリンス周辺

自分が琵琶湖が多いので特定的な場面ですが、冬、ロック系の足元、夜、荒れた日。

そう、琵琶湖西岸大津港からの南エリアの冬や、東岸の早春。

足元の岩に当てて使う。少し前にクランクのディープダイバーを使うのが流行りましたよね。あんな感じ。

沖の魚は別として、やっぱりそこら辺に魚影が多いですからね。

まとめ的アレ

まとめ的なアレ

今日は タイニーブルドーズの①アクションの違い②使う場面③カラー、この3つについて書いてみました。

夏はウィードに当て、冬は岩に当てる。とにかく当てるや、ストラクチャーとの距離がポイントになってくるのかなと思います。

バス釣りは、厳しいけど徐々にデカバスのハイシーズに移り変わっていきます。まだまだ楽しめますよー。

管理人のテキトー

管理人

今年のバス釣りの釣行数は・・・(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク