バスフィッシングを主にルアーなど「釣り」に関する情報を一般人目線でお届けするブログ。

釣りの合間は何をする!?もちろんトランギアの「メスティン」を使って料理でしょっ!!

WRITER
 
トランギア メスティン アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんなものを手に入れたら、デブ活が止まらないぜ・・・(笑)

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日は、アウトドア用品でとくに有名なクッカーである「メスティン」を購入したので紹介とシーズニングをしようと思います。

釣りと釣りの合間休憩の時にこういったメスティンやクッカーで米炊いてご飯にするのもありなのかなと思うのは管理人だけでしょうか。ありだと思う人はぜひ最後まで。

釣りの合間を埋める「トランギア・メスティン」

メスティン メインイメージ

メスティンとは長方形の箱・・・ってのは冗談で、アルミ製飯ごう

アルミ故に軽く熱伝導良さから手軽に美味いご飯炊けると評判で、その用途は炊飯だけにとどまらず、メスティンレシピなどと題してレシピ本特集が組まれるほど。

キャンパーやアウトドアが好きな人で知らない人はいないくらい人気とも言っても過言ではないのかとも思います。ルアーでいうと〇イニークラッシュのような人気。

そしてトランギアは、このメスティンやアルコールストーブで有名で1925年にスウェーデンで創設されたキャンプギアメーカーで、それらを軸にブランドや商品を展開。

オマージュ品もかなり出回り、そのメスティンは100円ショップまでにも登場するほど。

例によってメスティンをシーズニング

メスティン シーズニング

例によってメスティンもヨコザワテッパン耳にしたシーズニングですね。もはや金属素材でできた調理器具に対するお呪い、呪文ともいえる(笑)

正直、メスティンに必要かと言われたらどうかな・・・とも思いますね。

また、米の研ぎ汁はシーズニングの1つパターンで、野菜くずで炒める方法でも大丈夫。そして米の研ぎ汁を使うパターンでもメスティンを大きな鍋に入れて全体煮るのと、メスティンの中に研ぎ汁を入れて煮る2つパターンがあります。

管理人は1番お手軽な後者。

シーズニングの目的

シーズニングの目的は、金属素材臭さ取り、初回の調理時に焦げ付きにくくするためのコーティングです。

シーズニングの準備

  • メスティン本体(笑)
  • 米の研ぎ汁
  • コンロorガスバーナー

シーズニングの手順

①メスティンを洗う

とりあえず食器を洗うようにメスティンを洗剤で洗いましょう。

②米の研ぎ汁を入れる

米 研ぎ汁

メスティンの中に米の研ぎ汁を入れます。

管理人は米を1合分で水の量はテキトーな感じです。

③沸騰してから15~20分煮る

シーズニング 吹きこぼし

管理人みたいに吹きこぼさないように沸騰してからフツフツと15~20分。

④冷ます

沸騰し手時間が経過したらそのまま冷ましてください。

⑤水洗い(濯ぎ洗い)

シーズニング 仕上がり

水が入っていた境目が少し汚れるので軽く濯いで綺麗にしてあげてください。

(せっかくのコーティングが台無しになるので洗剤では洗わないでください)

釣りの合間を遊びの1つに持ってこいと思いますね。

釣りの合間の遊び

これは人それぞれがあると思いますが、釣りと釣りの合間、いわゆる休憩時をどうやって過ごしたいか。

  • 食事をする
  • 寝る
  • 別のアウトドアをする
  • etc…

その時間をどうやって楽しむか。

管理人はこういったアウトドア、メスティンなどで簡単な調理をするとはが食事とれるし、リフレッシュにもなるかつ釣りもしつつ別の遊び楽しめる充実した時間にもなると思います。

まとめ的アレ

ブログのまとめ

今日は、トランギアの「メスティン」の紹介とシーズニングでした。

このトランギアのメスティン。転売されるくらい人気なんですね。オマージュ品や100円ショップのでしっかりと役を果たす気もしますけども・・・

2020年から機械を導入したとやらで生産数の引き上げをしているようなので流通量に期待です。

[box class=”glay_box” title=”調理器具”]

釣行時の軽食に!発売されてから約40年が経つ「BAW-LOO/バウルー」を使ってホットサンドを初めて使ってみた!

「スノーピーク・パーソナルクッカー」意外に便利!クッカーでご飯を炊いてみた!

[/box]

管理人のテキトー

管理人

んーお米の炊飯だけでなく、湯を沸かす、パスタを作る、炒めるなどもできるのでメスティンもおすすめ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BB-Fishing , 2021 All Rights Reserved.