21 スティーズ A TW HLCを購入する前に気になるポイントを洗い出してみる!

スティーズA TW HLC アイキャッチ

スポンサーリンク




今年はサツマイモを食べる機会がなぜか多い。

屁が・・・(笑)

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今日は、フィッシングショーで発表になったダイワ「21 スティーズ A TW HLC」の注目するポイントを洗い出せたらと思います。

ダイワのホームページからジリオン TWが消去されて、こっちも何か動きがあるんだと考えていましたが、スティーズ A TW HLCだったとはね・・・

ダイワ  21 スティーズ A TW HLC

スティーズA TW HLC メインイメージ

ダイワのニューコンセプトでもあるハイパードライブデザイン初期性能長く続くことを目指した設計思想と、遠性能を欲しいままにするマグフォースZ ブーストを搭載してHLCの冠を称したモデル。

いやね、まさか36ミリスプール径マグフォースZブーストシステム搭載してくるとは予想外でしたね。

しかも、ホームページに「ブレーキの特性上、軽量級ルアーには不向き」と謳ってきた。それだけ遠投特化したモデルと期待せざるを得ません。

搭載された次世代のHYPERDRIVE DESIGNは初期性能が永く続く

スティーズA TW HLC デザインコンセプト

ハイパードライブデジギアとピニオンギアという駆動系、そしてハイパーアームドハウジングとハイパータフクラッチという耐久系。リーリングに際して、主に4つの最先端テクノロジーが互いに密に連携することで生み出される快適性能こそが『HYPER DRIVE DESIGN』。

リールは、そのいずれをも内包することで、まだ見ぬ次なる時代のルアーフィッシングをリードしていく。

ハイパードライブデジギアは、歯面の噛み合い率の向上を目指した圧力角が優れた回転フィーリングと耐久性を確立。ピニオンギアとハイパータフクラッチは過酷な使用条件下でも不測の事態を見据え、強力なタッグを組み上げた。またハイパーアームドハウジングは、それらすべてを包み込み金属ならではの剛性による安定感を発揮。

どれひとつを欠いてもシナジーは共有できない。スーパーを超えるハイパーの領域は、4つの機能が互いの長所を極限まで活かし切ることで実現可能となる。三位一体ならぬ四位一体が立ち上げる、新たなるDAIWA両軸リールのコンセプト。伝説が再び始まろうとしている。

via=ダイワ

21スティーズA TW HLCに用いられたニューコンセプト。そして進化したブーストシステムを搭載したマグフォースZブーストスプール。

この2つの相乗効果はベイトリールをワンランク上の性能に引き上げているのが伺える仕様。

スティーズ A TW HLCに注目ポイント(期待も含め)

スティーズA TW HLCのココに注目
  1. 36ミリ系のスプール
  2. マグフォースZ + ブーストシステム
  3. ハイパードライブデザインの耐久性
  4. マグシールド

36ミリ系のスプール

スティーズAのフレーム36ミリ径のスプールはどのようなマッチをみせるのか。

若干、ジリオンTWやリョウガのような大きいボディと合わせて良い味を出していた感もあるので、キャストと巻きどのようなマッチングをするか注目。

ジリオン系とのスプールの互換性もね。

マグフォースZ + ブーストシステム

マグフォースZ ブースト

ブーストシステムを搭載した、マグフォース Z ブーストももちろん注目。

SVブーストのキャスト後半のフィーリングが良いだけに、マグフォースZのキャスト後半をどのような味付けリリースしてくるのか、期待値は高いですね。

ジリオンHLC、同じHLCの名を持った機種としてより、神々しき名になるのかどうなのかってところ。

ハイパードライブデザインの耐久性

2021年ダイワのコンセプト「ハイパードライブデザイン」 フレームギア側サイドプレートダイヤル側セットプレート金属素材でしっかりと剛性を保ち初期性能長く続く設計の思想をもつデザイン。

スプールやギアなど回転するパーツ周りをしっかりと固めてられています。ここ何年かミドルクラス性能向上がすごく、細かい部分を除き性能の違い耐水性耐久性しかないくらいとも言えるので、初期性能がどこまで保てるのか気になります。

イグジストは海で使い、使用後はシャワー洗浄でなかなか良いフィーリングを保っていますので、スティーズ A TW HLCはどのような耐久性を秘めるか気になります。

マグシールド

スティーズA TW HLC マグシールド

マグシールドといってもマグシールドベアリングですね。

磁性を持つオイルの壁を作ることで海水や埃などの侵入をシャットアウトし回転性能を保つ。耐久性が良い反面、回転が重たくなるなど言われて、良し悪しはありますが、このベアリングもしっかり進化しているか。

正直、リールを開けて検証しているわけではないので期待ですが、リールとして回転性能を楽しみ。

スペック

ギア比 最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
スプール径
(mm)
糸巻量
(lb-m)
巻上長
(cm)
ハンドル長
(mm)
ベアリング 定価
スティーズA TW HLC
6.3R
6.3 6 190 36 16-100
20-80
71 90 8 50,300
スティーズA TW HLC
6.3L
6.3 6 190 36 16-100
20-80
71 90 8 50,300
スティーズA TW HLC
7.1R
7.1 6 190 36 16-100
20-80
80 90 8 50,300
スティーズA TW HLC
7.1L
7.1 6 190 36 16-100
20-80
80 90 8 50,300

スティーズ A TW HLCの登場で今後どうなる

マグフォースZ ブースト HLC

比較とか云々もですがスティーズ A TW HLCの登場で、そもそも36ミリ径のスプールで中心的存在だったジリオン TWの名はどうなるのか。リニューアルされるのか廃盤か。

Tウイングの2機種目として登場して、ぼちぼち購入しやすい価格強くとても飛ぶベイトリールだっただけに寂しい(笑)

購入するかは別として、スティーズ A TW HLCのマグフォース Z ブーストを搭載してリニューアルを見てみたい気もしますが・・・

あと、すみ分けはどうするんでしょうか。ジリオンヘビーデューティシリーズとして生き残るのか、そこもスティーズ A TW HDとかリリースするんでしょうか。

今後、スティーズ A TW HLCが現れただけに、今後ダイワのベイトリールの展開も気になります。

まとめ的アレ

ブログのまとめ

今日は、フィッシングショーで発表になったダイワ「21 スティーズ A TW HLC」を購入する前に注目したいポイントをいくつか洗ってみました。

ダイワの2021モデルのベイトリールのフィーリングが良いのと、ブーストシステムが現れ、新たな時代に入ってきて期待せざるを得ない部分多いですね。

新たに登場する部分、今までの技術をさらに煮詰めブラッシュアップされた部分と。スティーズ A TW HLCはあまりクローズアップされていませんが勝手に期待、楽しみにしています。

管理人のテキトー

管理人

はい。注文っと。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

-注目記事-

スポンサーリンク

スポンサーリンク