バスフィッシングを主にルアーなど「釣り」に関する情報を一般人目線でお届けするブログ。

なぜ今、カバースキャットが熱いのか?売り切れ続出!?代用は?タックルは?

WRITER
 
カバースキャット アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

はい、どーも、道具系アングラーの管理人(@BBxFishing)です。

今更、どうしたのって感じでデプスのカバースキャットすごい熱い。

売り切れ続出で、某オークションやメ〇カリなどで高騰してますね・・・

そんな今日は「カバースキャット 3.5」が手に入ったのでそれについて

大人気のカバースキャットを生んだデプスとは、ビッグバスをターゲットに、独自のデカバスハンティングメゾットで高性能なルアーをリリースし続ける業界の人気メーカー。メーカー通してデカバスを追い求めるスタイルは琵琶湖や関西を中心に、多くのアングラーから圧倒的な支持を集める。

デプス カバースキャット

カバースキャット 全体

ここに来て突如人気が沸騰中のデプス「カバースキャット」

新作のワームかと思いきや、カバースキャット 3.5インチのリリースは2018年。そして2020年に2.5インチ、4インチとリリースされています。

当時は今みたいに品薄ではなく、少しは余裕をもって買えたくらいのワームでした。

横からの写真

そんなカバースキャットは、カバーを水平フォールで攻略するワームとしてノーシンカーフォールベイト高比重マテリアルバルキーなボディスナッグレス性を引き上げるとともに圧倒的な飛距離を稼ぎ、サイドのフィンで安定したフォール姿勢を作り出す。

要するにカバーにぶち込んでから水平フォールで食わせる。というメゾットのワームですが、今はこれとは違うメゾットで、圧倒的な釣果をたたき出しています。

それは寒い時期ウイードの新芽が生えるタイミングで、ボトム2~3回ジャークしてから水平フォール食わせる。というメゾット。

なぜいまさら熱くなったんでしょうか。

飛距離×琵琶湖琵琶湖を舞台としている動画影響なんじゃないでしょうか。

カバースキャット・・・

とにかく飛ぶんですよ。このようなノーシンカーフォールベイトでは圧倒的な飛距離。同じノーシンカーは届かないトコロのバスを狙えるのは、おかっぱりアングラーからしてはかなりのアドバンテージ

からの釣果。

そして動画。

という流れで熱くなってきたんじゃないでしょうか。

カバースキャットに代わる代用できるワームは?

代用のワーム

ここまで品薄状態だと購入は困難を極めますね。そうなってくると、代用できるワームはないのか?という話題になってきますね。

これは賛否両論で、ワームが違えば動きフォールスピードなど細かい要素変わるのでないといえばないになるし、別のワームで同じことをすれば釣れないかといえばそうでもありません・・・

動かし方の肝をつかめているか、どうかがポイントのような気もしないでもないですがね。

代用できるワーム

代用としてよく見るのはシャッドテールワーム逆刺し。もちろんありだと思いますが、これは様々なトコロでこれは取り上げられているで、ワーム本体でも挙げてみたいと思います。

ピッチンスティック

同じ後方重心の高比重系のワーム。少し軽いかなーって感じはしますが(笑)

イモリッパー 95 スーパー高比重

このイモリッパー。95のスーパー高比重は自重が約16グラムとカバースキャットほぼ同じレベルにあります。

ファットヤマセンコー 3インチ

これは管理人が昔っから使っていて良く飛び釣れるから。

物陰からフォールしても良し、カバースキャット似た感じでボトムでもぞもぞさせても良しのワーム。

シャッドテール逆刺し

このシャッドテールの逆刺しはOSPのドライブシャッドが多いですが、一誠のキャラメルシャッド4インチとかもめっちゃ良さそう。

シャッドテール逆刺し

カバースキャット3.5インチに適切なフックサイズ

カバースキャットのスリット

カバースキャットに対するメーカーが推奨するフックサイズは3/0以降のサイズが推奨が・・・

フックサイズ

ちなみにこの写真のフックは、カルティバの、マルチオフセット6/0でちょうどフックポイントがカバースキャット本体の突起に隠せるようになります。ワーム自体のスリットが深いのでナローゲイプの方が相性がいいでしょう。ワームとの一体感も出て自然に見えるし。

フックのゲイプ

ちなみにカバースキャットをプロデュースする富本タケルプロが使うフックは、がまかつのエリートツアラー・ワーム34R6/05/0。メインは6/0で根がかりが多いところは5/0の使い分け。

対カバースキャット タックル

タックル、特に肝となってくるロッド選びのポイントは、操作性バットパワーティップのハリの3つ。

ゲインエレメント GE-66MH+ ソフトジャーキングエレメント
富本タケルプロのプロデュースロッド。ワームなどのソフトベイトのジャークメゾットに特化したロッド。キレのあるダートアクションをもたらす。(6.6フィート・3/8~1.5oz・14~25lb)
ゲインエレメント GE-68MHR カバーゲームエレメント
ショートディスタンスやカバーでのトゥイッチなどロッドアクションの操作性や操れる感度に優れるロッド。(6.8フィート・3/16~1oz・8~20lb)
シマノ コンクエスト(×Gルーミス) 783C MBR
カバーやボトムの釣りに対応力を高めたパワーバーサタイル。(6.6フィート・MHクラス・1/4~3/4oz・10~17lb)
リール選びのポイントはハイギア。

  • 19アンタレス
  • 20メタニウムなど
ライン選びのポイントは、伸びの少ないフロロ。

  • シューター20lbなど

ちなみにタックルは、カバースキャット3.5インチで圧倒的釣果をたたき出している富本タケルプロを参考としています。

まとめ的アレ

ブログのまとめ

今日は、最近になってきて人気沸騰してきたデプス「カバースキャット」についてでした。

  • 実は2018年リリースのワーム
  • 推奨フックサイズは3/0~
  • タックル選び、特にロッドは操作性、バッドパワー、ティップのハリが重要

といった感じでしょうか。

カバースキャットの人気はしばらく続きそうですね。良く飛ぶノーシンカーってある意味最強。

個人的にラインの馴染みとハリで釣果に差が出そうな気がするメゾットだと思いますね。

カバースキャットのさらなる詳細はデプス公式へ こちら

管理人のテキトー

4インチはどうなんでしょうかね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で管理人をフォローしよう!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© BB-Fishing , 2021 All Rights Reserved.